【News】Mastercardコンタクトレス機能付き「Jリーグプリペイドカード」を11月24日(土)に発行

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
三井住友カードとMastercardは、2018年11月24日(土)にパナソニックスタジアム吹田で開催される「明治安田生命J1リーグ ガンバ大阪vs V・ファーレン長崎戦」において、ホーム側の紙チケットでの来場者に対し、「Jリーグプリペイドカード」※1及び「リストバンド」型のプリペイドカードを、大日本印刷と協働して配布する。

「Jリーグプリペイドカード」「Jリーグプリペイドカード」

 

「リストバンド」型 プリペイドカード「リストバンド」型 プリペイドカード

 

「Jリーグプリペイドカード」はMastercard加盟店及びiD加盟店で利用できる。「リストバンド」はMastercardコンタクトレス※2の加盟店でタップするだけで利用できる。当日、来場者はオフィシャルグッズの購入、飲食の支払い、近隣施設での買い物に「リストバンド」「Jリーグプリペイドカード」いずれかを利用し、スピーディーなキャッシュレス決済を体験できる。これにより、スタジアム内外での様々な支払い場面におけるキャッシュレス化を実現し、来場者の利便性を高め、スタジアム体験の価値向上を目指す。

さらに、今回発行する「リストバンド」「Jリーグプリペイドカード」には、共にプリペイドカード機能に加えて、入退場システムのワンタッチパス機能も付いており、チケット購入、スタジアムゲート内への入場、座席シートの確認にも利用できる。

現在、パナソニックスタジアム吹田の場内は、グッズ販売や飲食店舗は、キャッシュレス対応しているものの、利用率は、10~20%程度(取り扱い件数ベース)に留まっている。今後、スタジアム来場者に「Mastercard コンタクトレス」を用いたキャッシュレス決済を促進することで、グッズや飲食店舗のレジ効率、混雑緩和を検証するほか、モバイル型マルチリーダ認証端末を用いたスタジアム運営の負担軽減に努めていく。

三井住友カードとMastercardは、今後もスポーツ観戦における快適性と更なる感動のために、チケットレス化、キャッシュレス化に向けて取り組んでいく。

(※1)プリペイドカードは利用者があらかじめカードに現金をチャージし、その範囲内でクレジットカードと同じようにMastercard加盟店、iD加盟店で利用できるものである。本商品の一回のチャージ・利用上限は、2万円、実店舗ではセブン銀行ATMでチャージが可能であるほか、Webではアカウント登録後にクレジットカード、インターネットバンキングでチャージ可能。(実証実験終了後2年間はプリペイドカードとして使用できるが、ワンタッチパス機能は、イベント当日のみ使用できる。)

(※2)Mastercardコンタクトレス: Mastercardが提供する決済サービス、店舗レジの決済端末にかざして支払いが完了するため、現金払いよりもスピーディで簡単にお買物を楽しめる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る