【News】ドミニク・モリスが初来日 日本最大級のブロックチェーンカンファレンスに登壇決定

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

金融商品を取引しているかのように暗号通貨を売買し、楽しみながら投資を学べる最先端の金融トレーディングゲーム「BitHero(ビットヒーロー)」のプレセールを控え、共同設立者 & CEOのドミニク・モリスが緊急来日。2018年6月26日から27日にかけて開催される日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」に登壇が決定した。

<BitHeroについて>

BitHeroは、株式や外国為替といった現実世界の金融商品を反映した架空のマーケットで、金融商品に見立てた仮想通貨の売買を通じて投資を学ぶことができる、実践型の投資シュミレーションゲーム。投資要素だけでなくゲーム性やソーシャルメディアを兼ね備え、投資初心者もベテラントレーダーも、早く、楽しく、簡単に投資のノウハウを身につけられるのが特徴。伝統的な国際取引の枠組みで発生する様々な障壁を取り除き、バーチャルだからこそ実現できる、金融摩擦のない最先端のフィンテックエコシステムの形成を目指している。(2018年7月1日にプレセール開始予定)


<TradeHeroについて>
「TradeHero(トレードヒーロー)」は、2012年にリリースされた無料で株取引が学べるソーシャルトレーディングアプリ。世界中から集まるユーザの投資行動をリアルに観察でき、学びと実践をゲーム感覚で行えることから人気を集め、ユーザ数100万人以上、世界90カ国でiOSアプリランキングの金融部門第1位を獲得している。

ユーザはTredeHeroアプリ内にある架空のトレーディング市場で、バーチャル通貨の売買を試したり経験豊富なユーザ「ヒーロー」をフォローし、どのようにトレーディングを行うか学ぶことができる。またLIVEアイコンに切り替えることで、獲得したバーチャル通貨を法定通貨に移行し売買することが可能になる。株、債券、外国為替、商品先物、インデックス、もちろん暗号通貨やその他様々な金融商品を取り扱うことができるのが特徴。

このTradeHeroの成功を踏まえ、最も効果の高い機能や手法を取り入れて開発されたのがBitHeroである。

<BitHero 共同設立者 & CEO ドミニク・モリスについて>

ドミニク・モリスはTradeHeroの創業者で、シンガポール取引所上場企業Ayondo社のイノベーション事業部責任者も勤めている。TredeHeroを創業する前はシティバンクやマイクロソフトといった、名だたる投資銀行やテクノロジー企業にてシニアポジションを歴任しした。

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」に参加するのをとても楽しみにしています。登壇では、トークンエコノミーへの私の見解だけでなく、この暗号通貨とブロックチェーンの創世記にアプリケーションを開発・リリースするというとてもワクワクする体験についてお話したいと思っています。BitHeroは暗号通貨を駆使して既存の投資活動を行うことができる点で大変特徴的です。この革新的なプラットフォームがどのように仮想通貨を次のフェーズへと進化させる可能性を秘めているのか、日本の皆さんにお伝えするのを楽しみにしています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る