【News】SBI損保がヤマトシステム開発の「証明書類Web取得サービス」を導入

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
SBIホールディングス傘下のSBI損害保険は、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発が提供する、スマホやパソコン等から本人確認書類やその他必要書類を安全・簡単に提出できる「証明書類Web取得サービス」を導入し、2018年6月27日より自動車保険の契約者向けに提供を開始した。
1.背景
SBI損保は、これまでにも顧客の手続きの簡易化、ペーパーレス化に積極的に取り組んでおり、サービス向上施策の導入を常々模索していた。
YSDが提供する「証明書類Web取得サービス」は、手続きのためだけに専用アプリをダウンロードする面倒がなく、スマホやパソコン等Web上で必要書類を安全・簡単にアップロードできるサービスで、すでに金融業界でも多くの取引がある。本サービスを導入することにより、導入企業はペーパーレスで提出内容を確認できるだけでなく、不備があった場合の再提出手続き時間を短縮することができる。こうした手続きに関わるトータルコスト削減と顧客の利便性向上を実現するサービス特性が、SBI損保の目指す方向性と合致し、本サービスの導入決定に至った。2.サービス概要
スマホやパソコン等Web上のセキュリティが担保された環境の中で必要書類を簡単にアップロードできるだけでなく、SBI損保(導入企業)では、取得後に精査し、不備があった場合には利用者への連携をスピーディに行うことができる。

【サービス概要図】

3.利用者メリット
(1)手続きにおける手間の削減
本人確認書類や必要書類のコピーをとったり、書類を郵送したりする手間がなくなる。また、専用アプリをダウンロードすることなく、事前にお知らせするアップロード用のWebサイトで必要書類をアップロードすることができる。
(2)高セキュリティ環境でのデータの送受信が可能
PCI DSS(※)準拠の環境での情報のやり取りにより高いセキュリティが担保されているため、セキュリティ面でも安心して個人情報等のデータ送受信ができる。
※Payment Card Industry Data Security Standard
(3)24時間365日、本人確認書類の送付が可能
スマホやパソコン等、インターネットへ接続できる環境であれば、いつでも手軽にアップロードが可能になる。

4.今後の展開
SBI損保は、今回の「証明書類Web取得サービス」のような手続きの簡便化に資する施策の他、自動車保険の手続きにおけるApple Pay決済やビジュアルIVR等、手続き手段の多様化も積極的に推進しており、今後もサービスの拡充、利便性向上の両面で顧客満足度を高めるべく尽力していく。
YSDは今回のSBI損保をはじめとした損害保険会社のみならず、生命保険会社への導入を進めていく保険商品の申し込みや各種手続きだけでなく保険金支払い時の必要書類取得へも展開する予定。Web完結のソリューションを提供することで、導入企業の業務効率化と事業価値向上と申込者・利用者の更なる利便性向上へ寄与していく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る