【News】400Fが本格稼働し「お金の健康診断」のウェブ版を開発

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

お金のデザインは、昨年11月に設立した事業子会社「400F」を本格稼働させることとした。その最初のプロジェクトは、将来のお金に不安を抱える20・30代をターゲットとした「お金の健康診断」のウェブ版サービスである。お金のデザインでは、「人とお金の関わり方を変える」というミッションを、事業子会社400Fの活用により、金融サービスとは別な方向から実践していく。

お金のデザインは、2017年11月〜2017年12月にかけて、カヤック、CAMPFIRE、JapanTaxiなど6社と、「お金の健康診断」のトライアルプログラムを実施した。お金の健康診断は、プロのファイナンシャルプランナーが、お金の「ドクター」として、実際に企業を訪問し、独自開発した診断プログラムの結果をもとに、訪問先企業の従業員のお金の健康度をチェックし、「お金」との向き合い方をアドバイスするプログラム。お金のデザインでは、トライアルプログラム実施後、参加企業、受診者、ファイナンシャルプランナーからのフィードバックを受け、このプログラムを拡大するための方法について準備してきた。

お金のデザインが実施した 20~30代の男女を対象にした「将来の不安に関する調査」(2017年11月実施n=400名)でも、お金について、不安を感じる人が、健康について不安に感じている人を上回っており、より多くの人が、お金の不安を解消できる方法を提供する必要があることを示唆している。

お金に関する将来の不安を抱える多くの人と、アドバイザーになるファイナンシャルプランナーを結びつけるためには、もっとカジュアルに、かかりつけの医者に気軽に相談する感覚で、 相談できる場が必要である。そして、その開発については、従来の金融サービスの枠を超え、自由な発想でサービスを構築するため、2017年11月に事業子会社として設立していた「400F」にて行うことにした。

■400Fの名前の由来
今では著名な画家として知られるゴッホは、生前1枚しか絵が売れず、唯一売れた「赤い葡萄畑(La Vigne rouge)」という絵は当時の値段で400フランだった。
目の前の価値がないようにみえるものにこそ、未来への希望が隠されているのかもしれない。隠された未来への価値を信じ続け、顧客の明日を価値あるものにしていく。そのような想いで、この名前がつけられた。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る