【News】松井証券が価格改善サービス「ベストマッチ」の利用状況を公開

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

松井証券は、2018年5月21日より、株式取引の価格改善サービス「ベストマッチ」(※)を開始した。今回、当サービスの価格改善効果の分析を含む利用状況を取りまとめ、公開する。
今後も定期的に開示を行うことで、サービス自体の透明性を高めるとともに、認知拡大に努めていく。
※ 「ベストマッチ」サービスは、価格改善を希望する個人投資家の株式注文を東証立会市場へ発注する過程において他の注文とマッチングすることにより、東証立会市場と比較して有利な価格での約定機会を提供する、いわゆるダーク・プール取引である。

■価格改善効果

  • 当サービスを利用可能な対象者のうち、97%のユーザーがサービス利用を選択
  • 7月末時点で、1万2,818人のユーザーが価格改善を経験
  • 価格改善した際の改善率は約3ベーシスポイント(100万円あたり300円)

■システム処理にかかる時間(いわゆるレイテンシー)を考慮した約定価格の検証

  • 東証より不利なケース(※)の出現度合いは、0.1%未満

※ 東証立会市場と比較して有利な価格での約定機会を提供できるとマッチングシステムが判定処理を行っても、そのシステム処理と東証立会市場における売買価格更新のタイムラグによって、 結果的にその効果が得られない場合がある。これは松井証券だけでなく、PTS等を利用したSOR (スマート・オーダー・ルーティング)注文も同様であり、価格改善サービス共通で生じる事象である。その出現度合いをどれほど抑えられるかが、サービスの質につながると松井証券は考えている。

■利用者アンケート

  • 利用者のうち現状、5割のユーザーが価格改善の頻度が高いと実感

Q: 価格改善の頻度や、改善した際の金額をどう感じていますか?​
– どちらも多いと感じる                        22%
– 頻繁に改善はするが、金額は少ない      32%
– 改善機会は少ないが、金額は大きい      10%
– どちらも少ないと感じる                     36%

■今後の取り組み

  • 利用者アンケートにも見られるとおり、サービスレベルの向上が課題である。

機関投資家の注文を現状より多くマッチングシステムへ集めることで、価格改善が生じる取引の更なる件数増、および価格改善率の向上を図っていく。

  • 価格改善サービス「ベストマッチ」の情報公開は継続して行う。

内容を充実させ、取引の透明性を確保することで、個人投資家が価格改善サービスを支障なく利用できる投資環境を構築していく。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めていく。

 

※ 「■価格改善効果」「■システム処理にかかる時間(いわゆるレイテンシー)を考慮した約定価格の検証」は2018年6月および7月の実績データに基づいた結果。「■利用者アンケート」はサービス開始から7月18日までに価格改善を伴う約定があったユーザー11,388人を対象に行ったアンケートに基づく(回答者数:1,788人)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る