【News】ネクストシフトがマイクロファイナンスファンド1号の募集を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

ネクストシフトは、「ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド1号」の募集を2018年8月7日(火)より開始した。

ネクストシフトはESG投資の一つである社会的インパクト投資を通じて、世界の社会課題を解決し、投資家と投資先を幸せにすることをミッションとして掲げている。 今回ジョージアとカンボジア2カ国の健全な財務基盤と強い社会的ミッションを持つ複数のマイクロファイナンス機関への貸付を実施し、個人投資家に向けたESG投資として社会課題解決に貢献しながら高い投資リターンを提供する。今後もネクストシフトは鳥取という日本で一番人口が少ない県を拠点とし、鳥取銀行からの出資を受け世界的なインパクト投資会社を目指していく。

【当ファンドの社会課題解決】
当ファンドでは、金融包摂(Financial Inclusionと呼ばれる、世界銀行が提唱した「すべての人々に金融サービスを」という開発課題)を促進するマイクロファイナンス機関へ貸付を実行し、投資家の資金が必要な場所に流れる支援をする。ネクストシフトを通じて貸付した資金は、ジョージア、カンボジアの中小企業、農家の生活改善、雇用創出につながる。

 【当ファンドの基本情報】
当ファンドはネクストシフトファンド初となるジョージアへのマイクロファイナンス機関に貸付を実施する。ジョージアは毎年世界銀行が発行するビジネスのしやすさをランキングにした「ビジネス環境の現状」において、2018年レポートでTOP10にランクインする程の優れた投資環境が整っている。また、GDP成長率は約5%を推移している成長国ですが、同国の主な産業である農業を営む人々やマイクロビジネスを営む層はまだ多いとされており、強い資金需要がある。

 

  • ファンド名:ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド1号
  • 目標利回り(年率):7.2%
  • 募集期間:2018年8月7日から2018年9月3日まで
    ※ただし、期限日前に満額となった場合は、募集期間中でも募集を終了させて頂く場合がある
  • 運用予定期間:2018年9月12日から2019年10月12日まで(13ヶ月)
    ※募集状況または貸付先の事情により、期間前に運用開始する場合がある
  • 分配:6ヶ月、及び13ヶ月経過時
  • 償還予定日:2019年11月30日(運用終了日の翌月末)
  • 最低投資額:¥20,000 追加単位¥20,000
  • 営業者報酬(年率):2.0%
  • 販売手数料:0%
  • 通貨:日本円建て(貸付は米ドル建てで行なっており、為替リスクがある)
  • 募集者:ネクストシフト株式会社
  • 営業者:ネクストシフト株式会社

 

【当ファンド貸付先マイクロファイナンス機関の借り手の紹介】

  • C社借り手1 ナタリアさん(仮名)

「私は首都トビリシから約80km離れたゴリという地域に2人の子供と住んでいます。C社から2万米ドル融資を受けて、郊外に住んでいる方向けに小さい薬局を経営しています。将来はより多くの種類の薬を揃えたり、新しいサービスを開始したいと思っています。」

 

  • B社借り手2 ソペアックさん(仮名)

「私は、プノンペンから南に30km離れたカンダール州で米農家と自宅で小売店を営んでいます。家族は子供が3人、一緒に暮らしています。当ファンドの貸付先B社から約2万米ドルの借り入れをし、トラクターを購入しました。返済が済んだら、追加して農機を購入したいです。」

【国連の責任投資原則(PRI)】
ネクストシフトは、2018年6月に国連の責任投資原則(PRI)に日本のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業者として初めて署名した。PRIとは投資の意志決定プロセスなどにESG(E=環境・S=社会・G=企業統治)の考え方を反映させる原則のことで、大手の機関投資家などが署名しているものである。社会的インパクト投資専門のファンドとして持続可能な社会の実現に努めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る