【News】暗号通貨「T.OS(トス)」の公式日本語コミュニティがTelegramにて開設

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 BaseLayerが日本向けPR・マーケティング・コミュニティマネジメントを担当している、処理速度最速の決済システム「T.OS(トス)」の公式日本語コミュニティが、2018年8月3日、Telegramに開設された。
「T.OS」は、実際の商取引で行われる決済システムをブロックチェーンベースのデジタル通貨を活用して構築するBM(Business Method)の特許を世界初出願したとして脚光を浴びている他、手数料削減や決済スピードの面で既存の暗号通貨やデジタル通貨の欠点を解決し、現金やクレジットカードなど、あらゆる決済システムに代わる次世代の、新しい決済方式になると期待されている。

■「T.OS」公式日本語コミュニティ、Telegramにて開設
暗号通貨の世界ではプロジェクト運営側の情報発信の手段として頻繁に使われている「Telegram」。この度、日本人向けに「T.OS」プロジェクトの進捗報告や、プロジェクトに関する質問に答えるツールとして、日本語コミュニティを開設した。

<「T.OS」公式Telegram概要>
コミュニティ名称:【公式】T.OS 日本語コミュニティ
コミュニティ概要: T.OSプロジェクトの進捗報告や、プロジェクトに関する質問に答えるチャネル

■T.OS(トス)/暗号通貨システムを通じて新たな決済市場の創出を目指す
 実際の決済市場において、ほとんどのブロックチェーン技術を活用しているデジタル通貨(暗号通貨)はコインの価格変動が激しく、決済完了までに時間が掛かりすぎるために決済通貨として敬遠されている。T.OSの決済システムは、決済手段の価値不変のため、内部でのみ流通される内部コインの「TOSP」を適用することで、暗号通貨にありがちな価格の乱高下の影響を受ける事なく、固定された価格での取引が可能である。また、決済専用の内部コインであることを理由に、市場に流通することがないため、ハッカーからの危険に犯される心配もなく、速い処理速度と信頼性の高い決済手段を可能にした。

<リアルタイムでのデータ処理を実現!>

ビットコインやイーサリアムなど従来の暗号通貨の実用性が低い一番の要因として「処理時間遅延」が挙げられる。T.OSの強みである決済処理時間の迅速さ。1秒当たりに処理するトランザクション件数は、ビットコインの10倍、イーサリアムの約3倍である。これは、従来の暗号通貨決済で発生する処理時間を大きく上回るもので、実際に決済システムが普及するに値する利便性を実現した。

<TOSPの必要性・優位性>
(1)価格の安定性
TOSPは各国通貨と価格が固定されており、ボラティリティリスク(金融商品価格の予想変動率リスク)のないデジタル通貨のため、世界中で取引でき、各国のキャッシュレス化が促進できる。
例:米国1 TOSP = 1$、日本1 TOSP =¥1

(2)手数料削減!顧客と加盟店がWin-Win
ブロックチェーンを基盤としているため、クレジットカードよりも手数料を安く抑え、加盟店への代金支払いまでの期間を短縮することで、顧客と加盟店がWin-Winする共存共栄のモデルを実現した。

(3)従来の暗号通貨よりも現金化しやすい
ビットコインやイーサリアムを現金化する場合、取引所での売買後、銀行口座に出金する必要があり、煩雑で時間がかかり、一般に普及していないのが現状である。一方、TOSPは、専門の交換所でスムーズに現金に両替できるため、利便性が向上した。

(4)携帯アプリ化で手軽に使える
TOSPウォレットをアプリ化したことで、携帯電話での処理が可能に。ビットコイン/イーサリアムをキャッシュ化するためのHUBを目指している。

<TOSP決済の流れ>
利用者がTOSPを使って店舗で決済をすると、利用者のウォレットから使用した分だけのTOSPが店舗のウォレットに送られ、決済が行われる。その後、店舗は精算する際、TOSPを取引所に送り、取引所は、現金で精算する。

<T.OS決済の流れ><T.OS決済の流れ>

<T.OSウォレットアプリ/コミュニティ>

<T.OSウォレットアプリ><T.OSウォレットアプリ>

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る