【News】「国境なき子どもたち」が『三井ダイレクト損保スマイル基金』寄付贈呈式を開催

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
三井ダイレクト損害保険の第4回『三井ダイレクト損保スマイル基金』(注)より、認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)の活動に対し寄付が行われ、2018年8月6日(月)にKnK事務局(東京都新宿区)において贈呈式が行われた。
『三井ダイレクト損保スマイル基金』は、三井ダイレクト損害保険が2014年7月から15周年記念事業としてスタートした寄付制度で、保険加入者の投票割合に応じて寄付金額が国内外のさまざまな社会課題に取り組む寄付先4団体に配分される。認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)は、第1回目から支援を受けており、第4回目となる今回は37.3%の投票により、166万円の寄付が行われた。

贈呈式では、スマイル基金から支援をされているKnK活動国の内、カンボジアで運営している自立支援施設「若者の家」で生活する子どもや卒業生、その他女性のエンパワメント事業について、重点的に報告した。最後に、三井ダイレクト損害保険シニアディレクターの岡田照志氏よりKnK会長の寺田朗子氏に寄付目録が手渡された。

寄付は、カンボジア、フィリピン、バングラデシュの困難な状況下にある子どもたちの教育支援、自立支援のために大切に活用される。

カンボジアの自立支援施設「若者の家」の青少年たちカンボジアの自立支援施設「若者の家」の青少年たち

(注)2018年4月より、名称を「ムジコロジー・スマイル基金」から「三井ダイレクト損保スマイル基金」に改めた。

三井ダイレクト損保スマイル基金とは?

三井ダイレクト損害保険の無事故で社会を笑顔にする「三井ダイレクト損保スマイル基金」は、自動車保険、バイク保険、ドライバー保険の契約者が毎月1回、指定された寄付先団体のうち応援したい団体に投票し、その割合に応じて会社より寄付が行われる社会貢献の仕組みである。無事故の人の投票は10倍カウントされる。
KnKは第1回投票から寄付先として支援を受けており、現在、第5回投票(2018年4月1日~2019年3月31日)が実施されている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る