【News】みずほ銀行とTORANOTECがアプリを活用したデジタルの資産形成分野で連携

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 みずほ銀行と、資産運用アプリの開発・運営を行うFinTech企業、TORANOTECは、このたび、スマートフォン向けアプリを通じたデジタルの資産形成分野において連携し、2018年8月13日よりみずほ銀行のユーザーへサービスを開始する。

 具体的には、みずほ銀行が提供中の個人ユーザー向けスマートフォンバンキング「みずほダイレクトアプリ」と、トラノテックのおつりで投資サービス「トラノコ」をシームレスに連携することにより、ユーザーにとって、より気軽に資産形成への第一歩を踏み出せるようになる。また、みずほダイレクトアプリを経由して「トラノコ」の新規口座開設を行い、みずほ銀行を引落口座に設定したユーザーは、「トラノコ」の月額手数料が通常3ヵ月無料のところ6ヵ月間無料(※)となるなどの特典もある。今後、おつりで投資サービスにより第一歩を踏み出したユーザーが非課税枠などを活用した他の資産形成を行う際には、みずほ銀行が提供する商品・サービスをご案内することも想定している。

おつりで投資サービス「トラノコ」は、クレジットカードや電子マネー等の日々のお買い物のデータと、予め設定した「おつり」算出単位に基づき、お買い物の「おつり」に相当する額を毎日コツコツ自動的に投資資金として積み上げ、楽しく、簡単に資産運用を行うことができるトラノテックの完全子会社であるTORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供するサービスである。トラノコではサービス利用者のリスク許容度に応じて投資先を選択できるバランスのとれた分散投資を行う3つの投資信託を提供している。毎月5円以上1円刻みという少額からの投資が可能であり、誰もがスマートフォンアプリで完結する簡単かつ長期的な資産形成を行えるサービスを提供している。​

今般、みずほ銀行とトラノテックの連携により、幅広い年代層に、少額から気軽に資産運用を行うことができるサービスを提供することで、日本における資産形成の拡大に共に貢献していく。

(※)その他、みずほ銀行の投資信託口座を開設した場合なども特典を用意している。特典の内容や期間、条件など詳しい内容はトラノコの特設サイトへ。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る