【News】iChainが加入保険管理アプリ「iChain保険ウォレット」をバージョンアップ

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
iChainは、加入している保険を一括で管理できる保険ポートフォリオ管理スマホアプリ「iChain保険ウォレット」に新機能を追加し、バージョン1.1として2018年8月13日からApp Store、Google Playにて無料配信を開始する。

 

■iChain保険ウォレットの新機能
1. 家財保険に対応
家財保険(ホームカテゴリ)の登録に対応した。これにより「iChain保険ウォレット」では「自動車保険」、「生命保険」、「医療保険」、「ペット保険」、「家財保険」が登録可能となった。

2. 家族へのシェア機能
家族も「iChain保険ウォレット」を利用している場合、自身の登録している保険情報を家族の対してシェア(共有)すると、シェアした家族の「iChain保険ウォレット」の保険一覧に自身の加入保険が表示される機能を追加した。これにより、「もしも」の場合加入者の家族が保険会社に対して迷わず連絡できる。

                ホームカテゴリ(左)とシェア機能(右)

3. 通知機能
様々なイベントの通知(バッジ)機能に対応した。

  • iChainから新サービスの案内、システムメンテナンスの案内などを通知する。
  • 保険契約満了間近にアラートを通知する。
  • 家族や他のユーザーの保険がシェアされた場合に通知する。

4. ホットラインの追加
登録保険会社の緊急連絡時の電話番号(ホットライン)を登録できるようにした。保険内容についての問い合わせや、給付金/保険金の請求や事故にあわれた際にホットラインをタップすることでスマホから保険会社に対して発信ができる。

                 通知画面(左)とホットライン(右)

■iChain保険ウォレットの入手方法
2018年8月13日からApp Store、Google Playにて無料配信を開始する。

■iChain保険ウォレットについて
日本在住の18歳から69歳の80%以上が生命保険に加入(*1)している。このように保険は極めて身近な存在になっているにもかかわらず、日常的に目に触れない場所で保険証券は管理されていることが多く、加入している保険への意識は加入後時間とともに薄れていき、アクシデントが発生した際に保険給付金あるいは保険金の請求を行う際に、保険契約者自身が円滑に行うことを阻害しているとiChainは考えている。

「iChain保険ウォレット」はほとんどの国内保険会社の保険商品に対応しており、自身の加入している保険の商品名、契約者、保証対象者、保険料、保険期間などの基本情報および保険証券イメージをスマートフォンで登録・閲覧できることに加えて、加入保険の情報を家族のスマートフォンへ共有できる。

このような日常生活におけるリスク情報を「iChain保険ウォレット」で管理することにより「もしも」のときに迷わずに自身や家族が保険会社へ連絡し保険金や給付金の請求ができる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る