【News】「FFSM」が販売開始し国内向け販売に関する業務提携契約を締結

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 フォーサイドフィナンシャルサービスは、LUCK CUEの開発したLCマイニング(GPUマイニングマシン)をOEMでの提供を受け、「FFSM(※)」にて販売を開始し、その国内向け販売事業(企業および個人向け)を拡大する為に、グッドフェローズおよび、レグセントジョイラーの三社間において、2018年8月14日付で業務提携契約を締結しました。

フォーサイドフィナンシャルサービスは、2018年5月11日付公表のとおり、既に北欧カナダにて仮想通貨マイニング事業を開始している。
一方、グッドフェローズは、業界最大級の土地付き太陽光・風力発電投資物件サイト「タイナビ発電所」をはじめ、太陽光発電・蓄電池等の再生可能エネルギーの投資比較サイト等の「タイナビシリーズ」を展開しており、会員数が約12万人を超える規模となっている。
また、レグセントジョイラーは、ケーブルテレビ関連会社を中心に、ケーブルテレビサービス・インターネットサービス・固定電話サービス等の業務委託販売ならびに、電子マネーのポイント機能とIT技術を活用して街の顧客をお店に呼び込む「LEGS system」を独自提供し、レグセントジョイラーが自ら保有する営業開拓力と事業推進力を活かして、全国多数の小規模小売店舗を中心に、その導入を拡大してきている。

今回の、「FFSM」での仮想通貨マイニングマシンの発売は、フォーサイドフィナンシャルサービスでの仮想通貨マイニング事業の成長戦略展開の実現に向けた取り組みのひとつでもあり、本業務提携により、フォーサイドフィナンシャルサービスが持つ「仮想通貨マイニングの“実体験”から蓄積されたニーズとノウハウ(商品企画力・管理)」と、グッドフェローズが持つ「12万人を超える新規ビジネス投資に積極性の高い富裕層のデータベース(顧客資産力)」、そしてレグセントジョイラーが持つ「全国ネットワークで網羅する既存クライアントと営業リソース(営業開拓力)」を活用した、更なる仮想通貨ビジネス拡大へのマイルストーンになることと考えている。

今後、フォーサイドフィナンシャルサービスでは、最先端の 7nm プロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)を搭載した「次世代マイニングボード」の販売ならびに自社マイニングの稼働に取り組んでいく。

※FFSM(マイニングマシン)の特徴
①経済産業省が認定する「中小企業経営強化税制」の活用が可能
②国内製造のマイニングマシン
③日本人技術者(正社員)による管理とメンテナンス
④24時間監視カメラでの警備ならびに当社特設ページにて日々のマイニング状況の確認が可能
⑤16種類の仮想通貨マイニングに対応

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る