【News】アクサダイレクト生命が就業不能保険「アクサダイレクトの働けないときの安心」を新発売

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
9年連続世界No.1の保険ブランド(*2)AXAグループのアクサダイレクト生命保険は、新商品として、病気やケガ、精神疾患で働けなくなった際の収入減をサポートする保険「アクサダイレクトの働けないときの安心」を2018年9月12日に発売する。
うつ病などの精神疾患もカバーするなど、充実した保障内容でありながら、業界最安水準(*1)の保険料を実現した。
生命保険文化センターの調査(*3)によると、世帯主が働けなくなった場合に対する現在の経済的備えに不安を感じている人は78.8%(*4)に上っている。実際、特に精神疾患による就業不能状態は長期化するのが特徴である。全国健康保険協会の調査(*5)では精神疾患による傷病手当金の支給が55歳未満の各年代で最も多く、特に20~30代は約半数を占めている。また平均支給期間も同理由は約216日と最も長く、働けない期間の収入減のダメージは大きくなる。なかでも単身者や住宅ローンを抱えている方、また傷病手当金のない自営業者の方にとっては、深刻な影響がおよぶものと考えられる。

アクサダイレクト生命ではこのような状況を背景に、病気やケガ、精神疾患で働けなくなったときの収入減をサポートする保険として、この度「アクサダイレクトの働けないときの安心」を開発した。

*1 アクサダイレクト生命を含む全生命保険会社の就業不能保険および就労所得保障保険を以下の条件で比較した結果、保険料が最も安い保険会社の商品とアクサダイレクト生命の商品との保険料差が10%未満であったため「業界最安水準」という表記を使用している。なお疾病・医療保険は、商品によって保障内容に差異があるため、正確な比較はできない。また保険料のみをもって商品の優劣を判断することはできない。
【比較条件】2018年8月1日現在
20歳、30歳、40歳、50歳の各男女、就業不能給付金月額20万円、保険期間・保険料払込期間65歳満了、月払。
*2 インターブランド社「BEST GLOBAL BRANDS 2009~2017」より
*3 「生命保険に関する全国実態調査(平成27年度)」より
*4 「非常に不安である(41.8%)」「少し不安である(36.9%)」の合計
*5 「現金給付受給者状況調査(平成28年度)第一部傷病手当金」より

■「アクサダイレクトの働けないときの安心」のおもな特長

  1. 病気やケガなどで長期間働けないときの生活費のサポートとして、毎月給付金を受け取れる
  2. うつ病などの精神疾患で働けなくなったときも給付金を受け取れる
  3. 受給開始日から給付金を満額受け取れる満額タイプと、傷病手当金を考慮し、1年半(540日)の給付金を半分にすることで保険料を抑えたハーフタイプから選択可能

■「アクサダイレクトの働けないときの安心」のしくみ

  • 病気やケガで働けなくなったとき:働けない状態から回復するまで、または保険期間満了まで毎月給付金を受け取れる。
  • 精神疾患で働けなくなったとき:働けない状態から回復するまで、または保険期間満了まで通算18回を限度として給付金を受け取れる。

■「アクサダイレクトの働けないときの安心」の取扱い

■「アクサダイレクトの働けないときの安心」の月額保険料例
保険期間・保険料払込期間:65歳満了、就業不能給付金月額:10万円

■ 無料の商品付帯サービス「メディカルコールサポート24」(*6)の提供
この度の新商品をはじめ、契約した全ての顧客に、無料付帯サービス「メディカルコールサポート24」を提供する。契約した顧客に、24時間365日電話で医師や看護師などが健康相談に応える。また日本の名医(総合相談医)や優秀専門臨床医を紹介する。

*6 本サービスはティーペックが提供するものであり、アクサダイレクト生命の保険商品の一部を構成するものではない。また、サービスの内容を予告なく中止・変更する場合がある。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る