【News】加入保険管理アプリ「iChain保険ウォレット」がバージョンアップ

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップであるiChainは、加入している保険を一括で管理できる保険ポートフォリオ管理スマホアプリ「iChain保険ウォレット」に新機能を追加し、バージョン1.1.1として2018年8月27日からApp Store、Google Playにて無料配信を開始した。

■iChain保険ウォレットの新機能
「iChain保険ウォレット」はこれまで多くのユーザーから要望があった、販売停止の保険商品や共済組合等の共済商品の登録に対応した。
今回のバージョンアップにより、保険商品と共済商品を組み合わせて加入している場合でも加入している保険商品の登録が可能となり、幅広い保険商品の管理ができるようになった。1. 販売停止している保険商品に対応
「iChain保険ウォレット」は国内保険会社および保険商品のデータベースを用意していますが、現在販売している商品が中心である。生命保険の保険期間が10年を超える商品の中には現在販売を停止している商品も存在し、加えて保険会社は多くの再編が行われてきており、加入時の保険証券に記載されている会社名から変更されている場合もある。このような商品データベースを用意していない保険商品に対応するために、フリーテキスト入力にて販売停止商品名を登録できるようにした。2. 共済組合等の商品に対応
厚生労働省が発表している平成29年度共済事業を展開する共済組合は消費生活協同組合だけでも110組合存在する。これら共済保障に加入している共済組合員は全国で6,663万人、さらに契約高は1,114兆円にのぼる。*1
今回、共済組合等の共済商品に対応するために保険会社の選択に加えて、共済名、共済商品名をフリーテキスト入力により登録できるようにした。

フリー入力での保険会社、保険商品登録の例


■iChain保険ウォレットの入手方法

2018年8月27日からApp Store、Google Playにて無料配信を開始します。

■iChain保険ウォレットについて
日本在住の18歳から69歳の80%以上が生命保険に加入*2している。このように保険は極めて身近な存在になっているにもかかわらず、日常的に目に触れない場所で保険証券は管理されていることが多く、加入している保険への意識は加入後時間とともに薄れていき、アクシデントが発生した際に保険給付金あるいは保険金の請求を行う際に、保険契約者自身が円滑に行うことを阻害しているとiChainは考える。

「iChain保険ウォレット」はほとんどの国内保険会社/共済組合の保険/共済商品に対応しており、自身の加入している商品名、契約者、保証対象者、保険料、保険期間などの基本情報および保険証券イメージをスマートフォンで登録・閲覧できることに加えて、加入商品の情報を家族のスマートフォンへ共有できる。

このような日常生活におけるリスク情報を「iChain保険ウォレット」で管理することにより「もしも」のときに迷わずに自身や家族が保険会社へ連絡し保険金や給付金の請求ができる。

■iChain株式会社概要
iChainはブロックチェーンテクノロジー(分散台帳技術)をベースに保険業界にイノベーションを起こすインシュアテックのスタートアップ。

個人に対して、これまで紙ベースで行われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにします。「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現する。

保険会社に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォーム「iChain Base」により、保険会社のメインフレームからWebを中心とした分散技術へのトランスフォーメーションを進めていく。

会社名:iChain株式会社(英文社名: iChain, Inc.)
所在地:東京都中央区新川1-8-8
設立日:2016年4月1日
資本金:105,420,000円(資本準備金含む)
代表者:代表取締役 CEO 加藤 裕之

*1:平成29年厚生労働白書 資料編より
*2: 生活保障生命保険に文化センター平成28年9月より

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る