【News】メットライフ生命の社会貢献プログラムが 総額4億3,836万円を寄付

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 メットライフ生命は、2018年8月28日、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」による寄付、総額2,779万9,150円(2017年1月~12月分)を、公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン、公益財団法人がん研究会、認定NPO法人全国盲導犬施設連合会、認定特定非営利活動法人 Living in Peaceの計4団体へ贈呈した。2017年度の「ワンダラー・ドネーション」に貢献したメットライフ生命コンサルタント社員は3,371名、代理店は2,420店にのぼる。
「ワンダラー・ドネーション」は、メットライフ生命がメットライフ全国代理店会連合会*と協働して実施する寄付プログラムである。本取り組みに参加するメットライフ生命コンサルタント社員ならびに代理店が、メットライフ生命商品の新規契約1件につき50セント相当を拠出し、メットライフ生命が同額をマッチングすることで、新規契約1件につき合計1ドル相当を積み立てている。生命保険販売という日々の営業活動と社会貢献への思いが結集した「ワンダラー・ドネーション」による寄付は、2006年12月の開始以来、累計4億3,836万円に達し、難病とたたかう子どもたちの夢をかなえる活動、がん研究・治療のための最新医療技術の導入、盲導犬の育成、児童養護施設退所者の進学支援などに役立てられている。

贈呈式で、メットライフ生命 代表執行役 専務 チーフディストリビューションオフィサー 山口浩一郎は、次のように述べた。「メットライフは今年、創業150周年、日本での営業開始45周年を迎えました。私たちは『いい明日へ、ともに進んでゆく』という考えのもと、『人』に寄り添い行動することを徹底し、お客さまのみならず地域社会を支えることに尽力しています。当社の営業社員と代理店の皆さまの『ワンダラー・ドネーション』への多大なる貢献を誇りに思います」

*メットライフ全国代理店会連合会…最高のサービスと付加価値の提供を目指す、メットライフ生命のプロフェッショナル代理店によって運営される全国50の地区代理店会の連合組織。1992年に会員相互の研鑚と親睦を目的に発足し、メットライフ生命と共存共栄のもと発展・拡大を続けている。
公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンについて
メイク・ア・ウィッシュは1980年に米国のアリゾナ州で設立。「難病と闘うこども一人ひとりの夢をかなえること」を目的に活動する世界最大の「願いをかなえる(wish granting)」ボランティア団体。メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、その正式な日本支部として1992年12月に設立され、難病の子どもたちが心に描いている夢を実現するため、経済的・人的なサポートを行い、病気と闘う勇気や今を生きる喜びを感じて欲しいと願っている。

公益財団法人がん研究会について
がん研究会は、「がん克服をもって人類の福祉に貢献する」を基本理念に1908年に設立された日本初のがん専門機関。唯一の民間のがん専門機関でありながら、長きに亘る病院と研究部門が一体となった活動により、日本のがん診療と研究を牽引している。2016年設立のがんプレシジョン医療研究センターでは、最新技術を駆使したがん医療「リキッドバイオプシー(体液を用いた遺伝子レベルのがん診断)」と「ネオアンチゲン(最先端の免疫療法)」の開発が進められている。

認定NPO法人全国盲導犬施設連合会について
1995年4月に設立、2008年6月法人化。国家公安委員会の指定を受け盲導犬を育成している、(公財)北海道盲導犬協会、(公財)東日本盲導犬協会、(公財)日本盲導犬協会、(社福)中部盲導犬協会、(公財)関西盲導犬協会、(社福)日本ライトハウス、(社福)兵庫盲導犬協会、(公財)九州盲導犬協会の8施設が加盟。全国の盲導犬育成施設が緊密な連携をもち、盲導犬の育成・普及事業の発展をはかり、視覚障害者の自立と社会参加に寄与することを目的に活動。

認定特定非営利活動法人 Living in Peaceについて
「機会の平等を通じた貧困削減」を目指す認定特定非営利活動法人 Living in Peaceの「こどもプロジェクト」は、「すべての子どもに、チャンスを。」を合言葉に、国内の児童福祉施設における養育環境向上と、児童のキャリア形成に取り組んでいる。児童養護施設の建て替え支援、施設退所者向けの給付型奨学金、施設の子どもたちの将来設計を支援するキャリアセッションの3事業を展開するほか、2018年からは関西地区で子ども食堂を中心とした地域再生プロジェクトも始動。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る