【News】9月28日午後6時よりカンボジア王国にて「COINYEX」開設オープニングセレモニーを開催

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
2018年9月、カンボジア政府公認の仮想通貨取引所「COINYEX」がオープンし、ここからTOUREXCOINプロジェクトによる、キャッシュレスタウン構想の第一歩が始まる。取引所開設記念イベントとして、同年9月28日の午後5時(カンボジア時間)から、カンボジア王国にて、オープニングセレモニーの開催が決定した。

カンボジア政府要人や各国のメディア関係者を招いての「COINYEX」豪華オープニングセレモニー。

オープニングセレモニーには、カンボジア政府高官をはじめ、人民党の高級官僚・要人をはじめ、開設に関わった機関・組織のトップを招き、日本からの招待客も含めて300名規模で開催される。会場は、カンボジア・プノンペン屈指のデラックスホテルSOKHA PHNOM PENH HOTEL
また、当日のセレモニーの模様は、350万人が視聴するといわれるカンボジア最大級のテレビ局がカンボジア全土に向けてライブ中継予定。実況MCにはカンボジア国民なら誰もが知っている著名キャスターの起用を予定している。その他、カンボジアのマスコミに加え、カンボジアに支局を持つ海外のマスコミ・メディア関係者を多数招待し、世界に向けてネット配信も行う。

現在、カンボジア政府監督官庁に正式に申請を開始しているのはCOINYEX社1社だけである。
カンボジア王国おいて暗号通取引所を行うためには、カンボジア国立銀行 (NBC)、カンボジア証券取引委員会 (SECC) 、国家警察に対して、免許取得を行う必要がある。これは、出資金詐欺やサイバー犯罪、マネーロンダリングなどを懸念し、未然に防ぐために課されている。
「免許を取得せずに仮想通貨を取り扱うことを違法」とした、2018年6月19日のカンボジア政府の公式声明を受けて、COINYEX社*1では迅速に対応。監督官庁に正式に申請を開始。現在、正規の手続きを行っているのは同社1社だけである。免許取得後は、TOUREXCOINをはじめ、多くの仮想通貨も取り扱う予定で、カンボジアを拠点に事業を拡大していく。

■カンボジアから世界へ、いよいよTOUREXCOINでキャッシュレスタウンが始動。
 

仮想通貨取引所「COINYEX」がオープン予定のカンボジアは、近年、中国資本の流入や東南アジア一若い労働人口を背景に、年​率7%の高度経済成長に沸いている。いま東南アジアで最もポテンシャルが高い国といっても過言ではない。特に中国マネーの流入が顕著で、不動産・観光・小売・カジノの全ての産業が上昇気流に乗っている。
そして、経済の発展に欠かせないのが安定した自国通貨である。カンボジア中銀は自国通貨“リエル”を普及させようと努力していますが、同国では85%の経済活動がドル建てで行われているのが現状である。米ドルが通貨として流通する国だからこそ、政府が公認する仮想塚取引所「COINYEX」に上場する「TOUREXCOIN」が仮想通貨として流通する可能性を秘めている。TOUREXCOINが現実社会で広く決済に使えるようになれば実際の需要が生まれ、次の上昇フェイズに入るものと見込んでいる。カンボジアから世界へ、TOUREXCOINプロジェクトの壮大なプランの第一歩はここから始まる。

■あらためて、TOUREXCOINとは?

TOUREXCOINは、TUX GLOBAL社*2が発行する仮想通貨である。
次のようなキャッシュレスの世界を目指す仮想通貨として開発された。

TOUREXCOIN を発行するTUX GLOBAL社の開発した TUX Platformでの暗号通貨が決済に使える仕組みとして、暗号通貨取引所の位置づけも大きく、暗号通貨取引所を中心に、決済代行会社、そして、1DB方式の確立により、TOUREXCOINも、いよいよ実用段階に入っている。

さらに、キャッシュレスタウン化のための重要なクーポンアプリ「TRIP-PON」との連携も注目される。TOUREXCOINを会員証としたTOUREX TRIP-PON会員は、地図と連動した地域のショップやレストランなどの情報をリアルタイムで得ることができ、さまざまな割引やサービスを受けることが可能。お店側は情報をリアルタイムに発信しコントロールすることができ、ダイレクトな誘客を図れる。キャッシュレスタウンのインフラ整備に大きな役割を担うことが期待されている。

■最後に
2018年6月末、日本最大級となるブロックチェーンに関するイベント“Japan Blockchain Conference(100以上が出展・観客動員数約170万人)”に出展し、TUX GLOBAL社CEO柞木昌治が登壇し、TOUREXCOINプロジェクトのプレゼンテーションを行い、多くの賛同者と協力者を集めた。さらに、同年7月初旬、アジア最大級のブロックチェーン関連イベント“TokenSky”にも出展し、TOUREXCOINの関心と認知度をさらに高めた。

 

 

 

 

 

 

いよいよ仮想通貨取引所「COINYEX」開設準備も整い、TOUREXCOINの上場を控え当プロジェクトも最終段階に入っている。これまでプライベートセールを経て、現在プレセール中。TOUREXCOIN上場後、9月下旬のオープニングセレモニー。

*1 TUX GLOBAL社:本社クアラルンプール。CEOは日本国内において外貨両替取引所TOUREXを運営している柞木昌治(SHOJI YUSUNOKI)氏。仮想通貨の発行、プラットフォームの開発、不動産コンサルティングなどの事業を手がける。

*2 COINYEX社:代表者のYIN SOTAPANHA氏。同氏は、カンボジア国内にて運輸、物流企業など数多くの法人企業を率いる。オーナーはTUX GLOBAL社CEO柞木昌治(SHOJI YUSUNOKI)。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る