【News】愛媛銀行にてゼネリックソリューションの「GS8」の本格導入が決定

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ゼネリックソリューションは、2018年8月より、独自のビッグデータ×AI(人工知能)技術を活用したソフトウェア「GS8」を、愛媛銀行へ本格導入した。

ビッグデータ×AI(人工知能)技術を活用した取り組みとして、2017年2月より、愛媛銀行の顧客が、資産運用やローンの借入れを希望するタイミングを予測するモデルの構築を進めてきた。試行の結果、構築したモデルの精度を評価し、本格導入することが決定した。

さらに、顧客個人のニーズに即したマーケティングを高度化するべく、GS8により算出した結果を取り込み、非対面チャネルでのデータ活用や、営業店やコールセンター、バックオフィスの業務改革にもつなげるような、データ活用機能を高度化した情報システムの構築を推進していく。

今後もゼネリックソリューションは、地域金融機関との取り組みによって、独自のビッグデータ×AI(人工知能)技術の更なる改善に取り組み、顧客一人ひとりに最適な金融商品・サービスの提供ができるよう支援していく。

<会社概要>
社名       :株式会社愛媛銀行
創業       :1915年9月16日
代表者    :頭取 西川 義教
資本金 :213億59百万円

<当社概要>
社名       :ゼネリックソリューション株式会社
設立       :2006年12月28日
代表取締役:小西 亮介
資本金    :3億5,585万円

~ビッグデータ活用基盤×人工知能(独自開発のアルゴリズム)~

ゼネリックソリューションは、大学の情報検索・データマイニング研究から、独自に開発をしたアルゴリズムを用い、2006年の創業以来データマイニング・情報検索の領域に力を注いできた。その結果、文脈や状況に合わせてデータの意味を見出し、動的な変化にも対応することができるようになった。

また、ビッグデータを解析する基盤を構築しており、複数のコンピュータを用いて並列処理を分散して割り当てる技術の開発も推進している。その成果として、同時に大量のデータの計算処理を行うことで、安価に大規模なデータ処理サービスの提供が可能となっている。

ゼネリックソリューションは、単なる自社製品の販売や顧客が抱えている表面的な問題ではなく、本質的な問題を発見しソリューションすることを最も大切な行動規範としている。今後、より一層企業とメディア双方に活用してもらえるよう、一層のサービス向上に努めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る