【News】投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券のコラボレーションを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
テコテック、NTTドコモ、SBI証券※1は、ドコモの新規事業創出プログラム「39works※2」を活用し、テコテックが提供している業界初※3の個人投資家向け投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券株アプリの、「マイトレード」初となるアプリ間コラボレーションを2018年9月8日(土)から開始する。

また、これまで「マイトレード」は国内株式のみに対応していましたが、本コラボレーションの開始に合わせて、SBI証券口座保有者は、国内株式に加えて外国株式などの金融商品単位の資産額を「マイトレード」で管理できるようになる。今回の3社の協力は、SBI証券利用者からの投資管理機能向上を求める声を受け、SBI証券からの提案により始まり、このたび実現に至った。

これにより、SBI証券口座保有者は他の証券口座に先駆け、下記の機能※4を活用できる。
・ 追加対応商品:投資信託、外国株式・ETF、金プラチナ、先物オプション、債券、eワラント、ロボアドバイザー(FX、CFD、iDeCoは今後の対応を検討)
・ 追加対応機能:金融商品ごとのアセットアロケーション(円グラフ)、資産推移(積層グラフ)

各社の役割
テコテック:
さまざまなWEBサービス、ゲーム、金融サービスの開発運営により培ったノウハウを活用した、「マイトレード」のサービス運営。

ドコモ:
新規事業創出プログラム「39works」を通じた「マイトレード」の企画・開発、技術協力。

SBI証券:
FinTechサービスの活用による顧客本位の証券サービスの提供、および「マイトレード」を活用した顧客満足度の向上。

※1 国内口座数No.1ネット証券については下記を参照。
出典:2019年3月期第1四半期 SBIホールディングス株式会社 決算説明会 資料(2018年7月31日)
※2 「39works」の詳細は別紙をご参照ください。
※3 株式会社テコテック調べ。
※4 画面イメージは開発中のものです。実際とは異なる場合がある。

「マイトレード」概要
「マイトレード」は、自らの戦略・判断で株式などを売買する意欲的な個人投資家向けの、業界初※1となる投資管理FinTechサービスある。2017年11月20日(月)の正式リリース※2後も改善を積み重ね、現在2 .5万人を超える個人投資家が活用しており、2020年度の100万人の利用者獲得をめざしている。今後も、さらなる投資傾向の分析、多面的な管理機能の強化、対応金融商品の拡充などを行い、多くの個人投資家の役に立つサービス作りに取り組んでいく。

1.サービス概要
個人投資家が、スマートフォンやPCブラウザで資産状況や推移をすばやく把握し、投資判断・計画に役立てる自己管理サービス。対象証券会社の口座を登録すると、自動で取引履歴などを記録・集計する。株価チャート上での取引タイミングの表示や、各種集計グラフやリスト、通知機能、自身の投資傾向の分析・把握など、さまざまな投資管理機能を活用できる。投資初心者からベテラン投資家まで、投資管理に時間を割けない社会人投資家など、多くの個人投資家をサポートする。

名称:投資管理アプリ「マイトレード」
提供元:株式会社テコテック
技術協力:株式会社NTTドコモ 新規事業創出プログラム「39works」
料金プラン:
・Freeプラン:無料
・Basicプラン:月額500円(税込)
・Proプラン: クレジットカード払い 月額2,500円(税込)、アプリストア課金 月額3,400円(税込)

利用環境:
・Andoroid:OS 4.4以上※証明書SHA‐1のみ対応の機種を除く
・iPhone:iOS10以上
・PCブラウザ:Google Chrome,Safari,IE11,IE10,Microsoft Edge の最新バージョン

対応証券会社(2018年9月現在):
SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、岡三オンライン証券

2.SBI証券口座保有者の画面※3※4

 

【保有資産画面】
従来は国内株式の個別銘柄、現金残高、その他資産に分けていたが、今回の改善により、下記のSBI証券口座の保有資産が金融商品単位で表示される(商品によって、データの更新時刻が異なる)。
・ 投資信託
・ 外国株式
・ 金プラチナ
・ 先物オプション
・ 債券
・ eワラント
・ ロボアドバイザー
(FX、CFD、iDeCoは今後の対応を検討)
Basicプラン、Proプランのご利用者は、さらに細かい下記の単位で表示される。
・ 投資信託 : 個別投信銘柄
・ 外国株式 : 国別資産 (例:米国株式)
・ ロボアドバイザー : 個別ロボアドバイザー銘柄

投資信託の表示例
・ Freeプラン : 金融商品単位でまとめて「投資信託」と表示される。
・ Basicプラン、Proプラン : 「SBI-SBI日本株4.3ブル」や
「レオス-ひふみプラス」のように、個別に表示される。


【左:アセットアロケーション画面】
【右:資産推移画面】

従来の国内株式の個別銘柄単位での表示に加え、金融商品単位で表示できる。

今回の改善により追加された資産は、 2018年9月8日よりデータが蓄積される。

3. 新規事業創出プログラム「39works」

NTTドコモとパートナー企業がプロジェクト体制を組み、一体となって高速PDCAによる改善を繰り返し、マーケットに問いながら新規ビジネスを育むプログラム。

※1 テコテック調べ。
※2 サービスの戦略・位置付けについては、2017年11月20日(月)のプレスリリースを参照。
※3 画面イメージは開発中のものです。実際とは異なる場合がある。
※4 Basicプラン、Proプランご利用者の画面イメージ。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る