【News】H.I.S.と南都銀行が海外ビジネス支援に関する業務提携を締結

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 エイチ・アイ・エスと南都銀行は、海外での事業展開を積極的に検討されている南都銀行に口座を持つ企業にむけて、海外展開支援サービスの向上を図ることを目的として、「海外ビジネス支援に関する連携協定」を2018年8月31日(金)に締結し、9月7日(金)よりサービスを開始した。
 奈良県が実施した奈良県内企業への海外展開動向調査(2017年度)によると、現在海外取引をしている企業の大半が好調に推移し、新規開拓を希望する企業もある反面、「現地マーケットに関する情報が不足」「人材不足」「始めたいがやり方がわからない」「支援先・相談先がない」などの課題を抱える企業もある。
奈良県の地場産品の国内外への流通や、地元企業のアジアを中心とした海外ビジネスを推進する、南都銀行の香港・上海駐在員事務所と法人営業部ASIA業務グループに、H.I.S.が連携し、アジアのみならず海外でのビジネスを視野に入れ始めた関西地区の企業へ、情報提供を行っていく。H.I.S.は、既に海外における現地ビジネス調査活動・支援活動を行う「H.I.S.グローバルプチ商社サービス(以下H.I.S. G.P.S.)」を大阪府や神戸市と協定を結び展開しており、2015年11月のサービス開始後およそ企業250社、700件を超える調査・支援の依頼に対応してきた。日本と海外現地法人との連携による調査・支援はもちろん、実際に現地に行かれる際の渡航手配や、H.I.S.の現地法人スタッフによるビジネスフォローなど世界各国の拠点を活用し、安価で安心のワンストップサービスを提供している。この度の南都銀行との業務提携により、更なる関西地区の企業との海外市場の開拓支援をよりスピードを持ってサポートし、企業が抱える課題解決にむけて取り組んでいく。

海外ビジネス支援に関する連携協定に基づく主な内容
①    H.I.S. G.P.S.事業と南都銀行が連携し、企業の海外展開を支援
②    中小企業海外展開支援のためのセミナーを共同して実施
③    その他相互に支援・協力することが有益であると認められる事業

H.I.S. G.P.S.事業とは
日本の企業が海外企業とのビジネスを展開される際に必要となる海外(国内)での様々な調査や現地支援を行うサービスである。H.I.S.が持つ世界71カ国158都市272拠点(2018年8月末現在)と海外のH.I.S.現地スタッフのネットワークを活かして、企業リスト作成・小売価格調査・アンケート調査・アポイント取得代行等、企業の要望に合わせて海外での支援活動を行っている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る