【News】松井証券が「問合せ窓口格付け」調査における「三つ星」を獲得

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
松井証券は、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)が主催する2018年度問合せ窓口格付け(証券業界)において、最高評価の「三つ星」を8年連続で獲得した。

今回の評価も過去7年に引き続き、顧客とのコミュニケーションの場である「電話窓口」、Webのサポート性を見る「サポートポータル(Web)」それぞれの部門で獲得している。インターネット証券の中で、両部門での「三つ星」獲得が8年続いているのは松井証券のみである。

松井証券は『顧客中心主義』の企業理念に基づき、顧客からのお問い合わせに真摯に取り組んだ結果、今回の評価に繋がったものと考えている。問合せ窓口のメインであるコールセンターにおいては、iDeCo(個人型確定拠出年金)の取扱い開始に合わせて専門のオペレーターが対応する「iDeCoサポート」を設置、新規の顧客向けには、属性・関心に応じたより細かなサポートを行うことを目的としたパーソナライズド動画の配信開始など、顧客のニーズに合ったサポート体制を構築している。

松井証券は、全ての顧客に最適なサポートを提供できる体制を構築することが責務であると考えており、これまでの評価に満足することなく、引き続き、顧客の要望を実現するサポートを目指していく。

【松井証券サポートセンターの評価分析】
(問合せ窓口)
前向きさがあり、礼儀正しく丁寧で敬意も感じる。ぜひ口座開設してほしいという気持ちが伝わり、話しやすく印象はよい。顧客の話やテンポを尊重しながら、全体をコントロールし順序よくスムーズに進められている点がよい。

(Webサポート)
迷うことなくスムーズに利用でき、チャットサポートや基礎から学べるコンテンツも豊富で役に立つ。商品の特徴や仕組みなどイラスト入りで分かりやすく解説している点もよい。口座開設後もサポートが充実していることが分かり、安心して利用できる。

【HDIについて】
HDIは1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体です。HDIはどこの企業にも属さず、どのベンダーからも中立な団体で、公平性と公開性を重んじている。現在世界中で50,000を超える会員を有し、米経済誌フォーチュン・世界企業上位の多数がHDIメンバーとなっている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る