【News】マネースクエアが『トラリピ®』の手数料無料化を9月29日(土)より開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
マネースクエアは、2018年9月29日よりM2JFXでの取引において、マネースクエアが特許を取得しているオリジナル注文『トラリピ®(トラップリピートイフダン®)』および『らくトラ®(らくらくトラリピ®)』の手数料を「無料」とする。

トラリピは「時間や手間はかけない、でもしっかり運用できる」注文手法として、多くの顧客から支持を集め、2018年4月21日より実施している「トラリピ手数料無料キャンペーン」については、顧客から継続に関する要望が数多く寄せられている。

マネースクエアが掲げる「アイデアとテクノロジーでNIPPONの資産運用の未来を創る」という理念に基づき、そのアイデアとテクノロジーの結晶ともいえるトラリピをより多くの方に利用してもらい、「資産運用としてのFX」の未来を築きあげていきたいとの想いから、この度、手数料を無料とする決定をした。

【詳細】

※2018年9月29日の午前9時00分以降に発注されたトラリピ/らくトラ注文(「決済トレール」設定の有無を問わず)による新規・決済注文について手数料を無料とする。
※「トラリピ手数料無料キャンペーン」を実施していた2018年4月21日21時00分~2018年9月29日9時00分の期間中に発注されたトラリピ/らくトラ注文につきましては、引き続き手数料無料で利用できる。
※2018年4月21日21時00分より前に設定したトラリピ/らくトラ注文より発注される注文に対しては、1,000通貨単位あたり10~50円(対ドル通貨は0.1~0.5ドル)の手数料が生じる。その場合の手数料額は、上記の表に記載されているとおり。
※トラリピ/らくトラ注文を取り消した後に、これらの注文により成立したポジションを決済する場合には、上記の表の、「通常」に記載の手数料が発生する。
※ストップロスによる決済も手数料は無料ですが、東京15時ロスカットおよび自動ロスカットによる決済は、上記の表の、「通常」に記載の手数料が発生する。

■トラリピ®(トラップリピートイフダン®)について
マネースクエアの約75%(※)の顧客が利用している、特許取得済のオリジナルFX注文方法である。
いくつもの注文を、罠を仕掛けるように等間隔にまとめて設定する「トラップ注文」、決済成立後、注文を何度もくり返す「リピート注文」、「もし●円で買えたら▲円で売って」というセットの注文を設定する「イフダン注文」の3つのしくみをまとめた注文である。
正式名称は「トラップリピートイフダン」、略して「トラリピ」の愛称で顧客に親しまれている。
為替相場の上がる・下がるを的中させるのではなく、トラリピは「このくらいの範囲で相場が動きそう」と予想するところにいくつもの罠(トラップ)を仕掛けていく。一度設定をしてしまえば、あとはリピート機能が自動で売買をくり返すのでわずらわしい再発注の手間がかからない。「時間や手間はかけない、でもしっかり運用できる」注文手法として、多くの顧客より支持を得ている。
(※)トラリピ利用率 計算期間:2016年4月1日~2017年3月31日。計算方法:期間中トラリピ・らくトラ注文が新規成立された口座数÷期間中新規成立注文のあった口座数(74.39%)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る