【News】サクソバンク証券が海外株式の取扱いを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
デリバティブ取引の世界的大手サクソバンクの100%子会社であるサクソバンク証券は、9月初旬より海外株式銘柄(米国・中国・欧州)の取扱いを開始した。
サクソバンク証券が新たに取り扱いを開始したのは、米国株式市場上場の6,130銘柄(ETF等含む)、上海、深セン証券取引所を含む中国株式市場上場の2,006銘柄(ETF等含む)、欧州市場に上場の3,760銘柄(ETF等含む)である。日本の投資家は、米国のFacebook、Apple、Amazon、Netflix、Google、スターバックスなどおなじみの企業のほか、これまで日本国内ではオンラインで売買ができなかったものを含め、米国だけでも6,130銘柄(ETF等含む)を業界最安水準の手数料体系で取引することが可能となる。その他、世界第2位の経済大国中国の有名企業銘柄や欧州の主要取引所に上場するメジャー銘柄なども合わせると10,000超の海外株式銘柄(ETF等含む)が取引可能となった。
* 2018年9月5日現在。ETF等を含む。■サクソバンク証券の海外株式取引の特徴
1. 国内業界最安水準の米国株式売買手数料
1注文あたりの売買手数料は0.2%、上限手数料も15米ドルと国内業界最安水準で提供。2.  米国株式銘柄は国内最多水準の6,000以上を取扱い
提供銘柄数は米国株式市場上場銘柄だけでも合わせて6,000以上(ETF等含む)と、国内最多水準となる。3. CFD(差金決済取引)との併用取引で広がる投資機会
投資家は、現物株に加えて、サクソバンク証券が従来より提供している個別株CFD取引(差金決済取引)を利用することで、個別株CFDについては5倍のレバレッジをかけることができる。
また、個別株CFDでは空売りもできるため、市場価格の上昇局面(は現物株)、下落局面(はCFD)の両方のタイミングにおいて投資機会を得ることができる。

米国株式・ETF等
取扱銘柄数
売買手数料
(1注文)
最低手数料 上限手数料
サクソバンク証券 6,130 0.20% 5米ドル 15米ドル
 国内A 証券 約1,400 0.45% 5米ドル 20米ドル
 国内B 証券 約3,300 0.45% 5米ドル 20米ドル
 国内C 証券 約1,350 0.45% 5米ドル 20米ドル

※米国株式取扱銘柄数上位の主要ネット証券と比較。
手数料はプラン等の条件にかかわらず適用される手数料を掲載している。
(2018年9月5日現在、各社ウェブサイト掲載情報等よりサクソバンク証券調べ)

■取扱開始日
2018年9月5日

■取扱い銘柄概要
米国株式
取引所:NYSE、NASDAQ、NYSE Arca、AMEX
銘柄数:約6,130の上場銘柄(ETF等含む)

中国株式
取引所:上海証券取引所、深セン証券取引所、香港証券取引所
銘柄数:約2,006の上場銘柄(ETF等含む)

欧州株式
取引所:ロンドン証券取引所、ユーロネクストパリ、ドイツ証券取引所
銘柄数:約3,760の上場銘柄(ETF等含む)

■主な銘柄(一部抜粋)



関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る