【News】インヴァスト証券のETF自動売買に新ロジック「カウンター」が登場

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
インヴァスト証券では、国内外のETFをCFDの形式で取引できる「トライオートETF」の人気サービス、選ぶだけでETFやFXの自動売買ができる「自動売買セレクト」に、9月18(火)より、ETFの新しい自動売買ロジック「カウンター」を追加する。
■「自動売買セレクト」とは
「自動売買セレクト」は、銘柄(ETF)や通貨ペア(FX)と自動売買ロジックの組み合わせを収益率などから選ぶだけで自動売買取引ができる、インヴァスト証券のオリジナルツールである。複数銘柄でポートフォリオを組んだ際のシミュレーションも一目で確認、変更できるため、初心者の方でも手軽に自動売買取引を始めることができる。

※自動売買セレクト画面イメージ※自動売買セレクト画面イメージ

下落局面でも利益を狙うカウンター
新自動売買ロジック「カウンター」は、相場が反転後した下落相場でも取引を停滞させることなく、下落後の相場の戻りを狙った取引を行う。トライオートETFに搭載の自動売買ロジックは、これまでフォロー値(上昇局面での取引)や利益確定幅にこだわった設定だったが、新ロジック「カウンター」と組み合わせて利用することで利益のチャンスを広げる。

「カウンター」の特徴について
自動売買ロジックはその名のとおり、下落局面で取引を行うカウンター値にこだわった設定としている。
相場下落時でも、次の注文に4つの異なる深さのカウンター値を設定することで下落幅に応じてレンジを捉え、下落後の相場でも一定の取引を目指すように設計されている。

※自動売買新ロジック「カウンター」取引イメージ※自動売買新ロジック「カウンター」取引イメージ

【 対象銘柄 】2銘柄
トライオートETFで人気の1銘柄と2018年1月以降に高値を更新していない1銘柄の、2銘柄を対象とする。対応銘柄は、随時追加していく予定。

ナスダック100トリプル (TQQQ)
金融株トリプル (FAS)

 

トライオートETFは、引き続きCFDの取引形態を活用することで、円建て、元本為替リスクなし、レバレッジ取引、そして低コストで世界のETFに誰でもアプローチできる環境を提供していく。そして、自動売買機能を強化していくことで更なる機会の追及を目指していく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る