【News】テックビューロが運営するZaifでの入出金停止に関する報告及び対応について

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
テックビューロが運営する仮想通貨取引所Zaifで現在発生している仮想通貨の入出金停止に関して、これまでの経緯と今後の対応についてテックビューロが報告した。
1.はじめに
テックビューロにおける調査の結果、入出金用ホットウォレットの一部が外部からの不正アクセスによりハッキング被害を受け、テックビューロが管理する仮想通貨のうちの一部が外部に不正流出させられたことが判明した。
当然のことながら、顧客の資産に被害が及ばないことは最優先の課題である。テックビューロは、上記被害発覚後、速やかに金融庁及び捜査当局への届出等を行い、併せて社内においてもカイカを含めた第三者の尽力を得て原因の調査、顧客資産相当の財源確保に努めている。2.ハッキング被害について現在判明している事実関係
①ハッキング被害の経緯
テックビューロは、顧客の入出金に対応するために、顧客からの預かり仮想通貨のホットウォレット(一部コールドウォレット)に保管している。その入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し、平成30年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金された。なお、具体的な不正アクセスの手法等については、本件が犯罪事件であり、既に捜査当局に被害申告をして捜査を依頼していることや、今後の同種犯行を予防するためにも、公表を差し控えている。

②ハッキング被害により弊社に生じた損失
テックビューロがハッキング被害により失った仮想通貨の種類及び数量は、次のとおり。
・BTC  5966
・MONA 現在調査中
・BCH 現在調査中
以上の被害による損失の総額は、日本円で約67億円相当(MONA、BCHを含む)と思われる。現在被害数量が確定できていないのは、二次被害を防ぐため、確実な安全性の確認ができるまでサーバを再稼働させていないことが原因である。消失仮想通貨の数量が確定でき次第、速やかに報告する予定である。

③ハッキング被害によるお客様の資産に与える影響
消失した約67億円相当の仮想通貨のうち、テックビューロの固有の資産は約22億円相当であり、顧客の預かり資産に相当する仮想通貨は約45億円となる。
テックビューロは、本件発覚後、顧客の資産を毀損させないための財源確保に努めている。

3.テックビューロの対応
①原因分析及びシステム再稼働
テックビューロは,平成30年9月17日にサーバ異常を検知し、翌18日にはハッキング被害が確認されたため、財務局へ報告を行うとともに、原因分析、捜査当局への被害申告等を行ってきた。
現在、仮想通貨の入出金のシステム再稼働に向けて、セキュリティのチェック及び強化、サーバの再構築等を行っている。

②顧客の資産等に関する支援の要請、及び、契約の締結
テックビューロは、本件発覚後、直ちに以下の支援の要請を行い、既に支援に関する契約の締結を行いました。支援の内容は、(1)消失した顧客の預かり資産に相当する財産の提供、(2)セキュリティ向上のための技術・人員の提供、(3)経営基盤の向上のための資本提携、経営陣の派遣、などを内容としている。
テックビューロは、本日(平成30年9月20日)、JASDAQ上場企業であるフィスコのグループ企業であるフィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、テックビューロに対して、50億円を提供する金融支援、テックビューロの株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至った。
また、テックビューロは、本日、カイカとの間で、テックビューロに対して、セキュリティ向上のための技術提供を内容とする基本契約を締結するに至った。
以上の支援の取り付けに関しては、支援者側のグループ会社であるフィスコ、及びカイカからもプレスリリースが発出される予定。

4.入出金の再開、お客様の資産に関する今後の方針
①仮想通貨の入出金
テックビューロは、一刻も早い入出金の再開に向けて、カイカの技術者によるサポートを受けながら、システムの再構築に努める次第である。
なお、仮想通貨の入出金の再開は、システムの安全性が確認されることが前提となる。現時点におきましては、再開の年月日を具体的に申し上げることはできない。
顧客の大切な資産については、財産の調達により担保される予定である。

②顧客の資産(日本円の調達、及び、預かり仮想通貨の準備)
テックビューロは、フィスコデジタルアセットグループとの間で、テックビューロに対して50億円が提供されることを検討する内容とする基本契約を締結した。同社との間では、今月下旬には提供が実行されることを前提として準備・交渉を進めている。
その上で、テックビューロは、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、顧客の資産に被害が及ばないように準備を行う予定である。
今後、基本契約の内容が実行されるなどした場合は、適宜、速やかに報告する。

5.本件に関する弊社の現経営陣の見解
テックビューロの経営陣の全員は、この度のハッキング被害により、顧客からの大切な預かり資産が消失するに至ったことを重大に受け止めている。
そのため、テックビューロの現経営陣は、本件に関して全力で対応をさせていただき、顧客の資産を保全することに尽くし、過半数の支配権を取得するフィスコグループの経営陣に引継等をする責務を全うした場合、経営責任としてテックビューロの役員を退任する方針である。

6.テックビューロ関連会社によるCOMSA事業の方針
テックビューロの関連会社であるテックビューロホールディングスは、テックビューロから会社分割により承継したCOMSA事業を運営している。同事業の今後の方針等につきましては、現在同社において検討中であり、判明次第速やかに報告する。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る