【News】アフラック生命ががん経験者支援プラットフォームにおける業務提携を締結

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

アフラック生命は、「がん経験者支援プラットフォーム」の機能を拡充するため、アートネイチャー、サンスター、ネスレ日本と業務提携を行った。

アフラック生命は、がん経験者を取り巻く社会的課題を解決すべく2018年4月に「がん経験者支援プラットフォーム※1」を発足させ、以来、具体的なサービス提供を模索するとともに、各種専門性を持った企業や医療機関などからの参画を募ってきた。

今般の業務提携は、本プラットフォームの趣旨に賛同した各社の知見をがん経験者に提供することで、がん経験者が抱える「身体」「こころ」「お金」「仕事」に関するさまざまな不安や悩みなどを解決していくことを目的としている。
具体的なサービス提供の第一弾として、9月からがん経験者の方々が多種多様な情報を交換することができるSNS「tomosnote(トモスノート)※2)」を開始し、提携各社からは同サイト上で以下のような情報を提供する予定である。また今後、本プラットフォームを拡充していくために、さまざまな価値創出に向けた協業を各社と検討・実施していく。

<提携会社とサービスの内容>
※1 各社による情報提供の開始は、2018年11月下旬を予定している。
※2 tomosnoteについては、プロモーションムービーを公開している。

アフラック生命は、ブランドプロミスとして掲げる顧客の「『生きる』を創る」を実践すべく、新しい価値の提供を通して、社会的課題を解決するCSV経営に取り組んできた。今般、本プラットフォームを構築し、がん経験者の方々が本当に必要とする支援を提供していくことによって、これからもがん経験者を取り巻く社会の課題を積極的に解決し、がん経験者の「『生きる』を創る」に取り組んで行く。

【がん経験者支援プラットフォーム概要

1.目的
がん治療中の方々を含むがん経験者の方々が、治療中も治療後も充実した人生を歩むために必要なさまざまな支援サービスをがん経験者目線に立って利用しやすい形で提供していくための仕組みである。

2.概要
本プラットフォームは、主に右記の機能を有し、今後、具体的な支援サービスを稼働させていく。

【がん経験者向けSNSアプリの概要】
名称:tomosnote

がん経験者やそのご家族の悩みを軽減するなど、がん経験者支援を目的として、がんを経験した方が自分の状況に近い人を見つけたり、想いや経験をつぶやく場を作る。また、日々の治療を記録することもできる。

【時期】
各社からの情報提供開始は、2018年11月を予定。

アピアランスに関する情報を提供 (株式会社アートネチャー)
抗がん剤治療の副作用による脱毛は、これから治療をされるがん患者の方にとって大きな不安や負担となっている。既に治療を終えられた方のなかには「以前のような髪の毛が生えてこない」といった悩みを持たれている方もいる。アートネイチャーは、「がん経験者支援プラットフォーム」を通じて、病気や治療によって髪に悩みを抱えている方のために、ウィッグに関するさまざまな疑問にお答えしながら、安心して日常生活をお過ごしいただけるよう、アピアランス(外見)ケアに関する情報を提供していく。
「いつものままで。どんな時もあなたらしくいて欲しいから。」 がん経験者の方が罹患前と変わらぬ生活を送れるよう、サポートしていく。

口腔ケアに関する情報を提供 (サンスター株式会社)
抗がん剤治療や口の周囲の放射線治療が開始されると、口腔粘膜が炎症状態になり、口腔内環境が急激に悪化することがある。口の中がヒリヒリする、唾液が少なく粘つく感じがするなどの不快な症状から、口腔粘膜炎が生じて、食事や歯をみがくことでも痛みや刺激を感じることがある。そのため、がん治療中はより一層口腔ケアが大切になる。
サンスターは、口腔と全身に関する研究を1990年代より続けており、その一環として、がん治療における口腔合併症の予防、軽減するための研究をおこなっている。また、2016年には静岡県医療健康産業研究開発センターに、サンスター研究施設、「静岡イノベーションセンター」を構え、医療従事者、患者のニーズをくみ上げ、口腔と全身を基本とした研究開発に取り組んでいる。
今回の「がん経験者支援プラットフォーム」における業務提携では、今まで積み重ねてきた知見、経験を活かし、口腔ケア、及び口腔ケアと全身の関係に関する情報提供をすることで、がん経験者の方をサポートしていく。

栄養に関する情報を提供 (ネスレ日本株式会社ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー)
食べる量が気になる時、栄養を上手に吸収できない時にも、体力を維持するためには栄養をしっかり摂ることが大切である。
ネスレ ヘルスサイエンスは、世界各国で医療機関との共同研究や学会において栄養に関する啓発活動をおこなっているほか、日本全国の1万軒以上の医療機関・介護施設に栄養補助食品を提供している。
今回の「がん経験者支援プラットフォーム」においても、科学的根拠にもとづく最新の栄養知見を、分かりやすくお届けすることで、がん経験者をサポートしていきたいと考えている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る