【News】アフラックががん経験者コミュニティアプリ「tomosnote」が開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
アフラック生命は、がん治療中の方々を含めがん経験者の方々が、より充実した人生を歩むために必要な支援を実現する、がん経験者コミュニティアプリ「tomosnote (トモスノート)」を2018年9月より開始する。サービス開始にあわせて、ブランドムービー『「ひとりじゃない」と感じられる場所を。』を9月21日(金)より公開する。

 本ムービーでは、何の前触れもなく突然やってくる「がん」という病気の治療の道のりを、マラソンに例えつつ、こころの不安を持って進むがん経験者が、その道のりの中で同じように進むランナーと次々と出会うことで、がん経験者は決してひとりではないということを表現している。ランナーが身につけているゼッケンが年間の新たにがんと診断される人数と同じ規模の桁数であったり、沿道でランナーを応援する撮影に社員が参加したりと細部にも想いを込めている。
国立がん研究センターが公表した「2017年のがん統計」によると2017年に新たにがんに罹患する人数は101万4,000人と予測されている。がんは一貫して増加しており、1981年以降、死因の第1位となっている。さらに、アフラックが行った「がん経験者の心の変化に関する調査(2014年)」では、がんと診断されてから心の状態に変化があったと、75%の人が回答。不安や動揺によるストレスなど、大きな負担がかかっていることが分かる。
「tomosnote」はそんな課題を解決すべく開発され、治療中も治療後も充実した人生を歩むために必要な支援サービスを、がん経験者目線に立って提供していく。「tomosnote」では、 “仲間を見つける”、“記録する”、“情報収集する”という3つの基本機能を目指しており、現在はがん経験者同士による情報発信や意見交換が気軽にできるようになっている。アフラックでは、これからもがん経験者を取り巻く社会の課題を積極的に解決し、「『生きる』を創る」に取り組んでいく。

■ブランドムービー『「ひとりじゃない」と感じられる場所を。』概要
ある日突然、乳がんの診断を受ける女性。がん治療は何の前触れもなく準備もできないままスタートし、終わりの見えないゴールに向かって走らなければいけない。本ムービーでは、そんながん治療の道のりをマラソンに例えつつ、がん経験者は決してひとりではないということを表現している。

 「私のマラソンは、ある日突然はじまった。」突然鳴るピストルの音(がん診断)とともに、女性たちは孤独な道のりを走り出す。私はゴールまでたどり着けるだろうか、そもそもゴールなんてあるのか、そんな孤独や不安を抱え薄暗い道を走る。

 道の途中、自分と同じように走る女性と出会います。それは自分と同じように走っている、乳がん経験者だった。沿道には自分のことを応援してくれる家族やお医者さんもいる。そして女性はひとりじゃないことに気が付く。

■がん経験者に寄り添うこころのケアの大切さ / 桜井なおみさん
がん治療経験者で、がん患者の就労支援活動を行うキャンサー・ソリューションズの代表を務める桜井なおみさんは、「現在のがん治療は昔に比べて、患者が“孤独”になっている」と話す。
「現在は外来での治療が中心となり、他の患者の情報が入ってこず、患者同士で情報共有をする機会がなくなってしまいました。また昨今は、個人情報保護の意識も高くなっており、同じ治療を受けていても共有ができなくなっているようです。」と、がん治療環境の変化を指摘している。
また、「自身ががん患者であるということを発信できず、参考になる情報を入手できていない人は全体の3割、その層に十分な支援ができていない。その人たちもtomosnoteを通して、支え合えるようながん経験者と繋がってほしい。」との想いを込めてtomosnoteの開発を支援している。

■日本人の死因第1位、増加しつづけるがん患者
国立がん研究センターが公表した「がん登録・統計(2017年)※」によると、がんの死亡数は男女ともに増加し続けており、2015年のがん死亡数は、1985年の約2倍となっている。さらに、がんの罹患数も1985年以降増加し続けているという結果が出ており、国民病とも言えるくらい身近にある病気ということが分かる。

※:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』(2017年)

■がん経験者にとって、「同じ症状を抱える患者の存在」が心の支えに
2014年にアフラックが行った「がん経験者の心の変化に関する調査※」によると、がんと診断されてから心の状態に変化があったと、75%の人が回答。がん患者には診断後、不安や動揺によるストレスなどの負担がかかっている。そんな中、がん診断後、心の状態が好調な人は周りの支えが大きく影響していることも分かった。多くのがん経験者は、家族や医療者、友人に続き、“同じ病気の患者さん”が心の助けになったと答えている。
【がん経験者の声】
「ネットで同じ病気の方のブログを読んで力づけられた(女性・42歳)」
「同じ病気でなければわからないこともわかってくれるありがたさを感じた(女性・48歳)」
※:アフラック「がん経験者の心の変化に関する調査(2014年)」

■がん経験者コミュニティアプリ「tomosnote」 開発背景
2015年に保険だけでなく、アフラックとして新たに始めるべき新しい事業やサービスを考えるプロジェクトが発足し、社内からアイデアを募集。日本で初めてがん保険を発売して以来、幅広いがん啓発活動やがん対策に取り組んできた同社だからこそできるサービスである「tomosnote」が開発されることになった。
「tomosnote」は、がん経験者の方を、自分と近い環境の人や半歩先をいく経験者と繋げ、支援していくということをコンセプトにしている。また、機能やデザインは、実際のがん経験者や医療関係者の方々にヒアリングを行いながら、使っていただく方の気持ちの波に寄り添えるようなものにした。「tomosnote」では、今後もがん経験者の方に”信頼できる”“使いたい”と思っていただけるようにアップデートを重ねていく予定。
そして「tomosnote」が、がん経験者の方、がんに関わる方々の支えになれることを目指している。

■がん経験者コミュニティアプリ「tomosnote」 概要
がん経験者やそのご家族の悩みを軽減するなど、がん経験者支援を目的としている。がんを経験した方が自分の状況に近い人を見つけたり、想いや経験をつぶやくことができる。機能は順次追加予定で、情報提供や治療を記録する機能の追加も予定している。

〈使い方〉

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る