【News】宮崎県限定で金利1.5%~「太陽光発電所担保型」ローンが始動

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
2018年9月、「太陽光設置お任せ隊(ハウスプロデュース運営)」と「宮崎県南部信用組合」との提携による、宮崎県内の発電所限定の『発電所担保型ローン』が登場した。
圧倒的な発電量が特徴のハウスプロデュースが設計・施工する「過積載発電所」だからこそ実現できた、発電所を担保に借り入れができる非常に画期的なローンであり、2基目以降の発電所設置を考えている方におすすめ。

 

◆2基目以降の発電所稼働を実現に導く画期的な担保型ソーラーローン
同提携ローンでは、日当たりの良い宮崎県の土地に、同社が設置する高効率発電所を設置することが条件となっているため、「低い金利(1.5%~*1)」「長い借入期間(最高20年)」「有担保型」の実現に成功することができた。

そのため「与信枠が少なく2基目以降の融資がおりない」という発電事業主からの相談も、積極的に受け付けている。
【発電所担保型ローンの特徴】

  • 15年ローン1.5%、20年ローン1.7%(*1)の長期&超低金利ローン
  • 圧倒的に与信力の高い担保型ローン
  • 宮崎県に土地を持っている方向けの画期的ローン
  • 土地を持っていない方には、融資対象となる土地の紹介も可能(仲介手数料なし)
  • 提携ローン対象となる「土地付き分譲太陽光発電」の取り扱いもあり
  • 2基目・3基目の発電所を持ちたい方からの相談も積極的に受付
  • 頭金なしのフルローンも相談可能
  • 2018円度18円の売電単価に間に合わせたい方の相談も可能(ただしこの場合受付期間には限りがある)

【発電所担保型ローンの詳細】

【融資実行金融機関】
宮崎県南部信用組合
【貸出条件】
・当社経由によるお申込であること
・宮崎県内の土地で行う太陽光発電設備であること
※当社の太陽光発電所設置プラン(EPC)にてつくられる発電所
・国税、地方税の滞納(延滞)がない企業・個人であること※その他、居住地や事業地域などに関する条件がある。
貸出条件の詳細は要問い合わせ。
 【融資対象】
設備資金(土地代・登記費用・発電設備費用なども含む)
【融資期間】
20年以内(措置期間3ヶ月以内)
【融資金額】
7,000万円以内
【融資利率】
・融資期間15年以内…年1.5% (*1) ※10年固定金利選択型
・融資期間15~20年…年1.7% (*1) ※10年固定金利選択型
【返済方法】
元金均等分割返済 または 元利均等分割返済
【事務手数料】
50,000円+消費税
【その他】
金融情勢の変化などにより、要件を変更する場合がある。
発電所担保型ローンはハウスプロデュースと宮崎県南部信用組合による限定ローンであり、ハウスプロデュース経由のお申込にのみ有効。また、土地紹介による発電所設置の場合、融資対象の土地は数に限りがある。

◆収益シミュレーション
<設置条件:売電単価18円、売電期間20年、借入金額2300万円、過積載率221.82%、宮崎県に設置>
<借入条件:借入期間15年、金利1.5%>

  • 1年間の想定発電量:119.993kWh
  • 1年間の売電額:2,332,664円
  • 20年間のトータル売電益:約4,660万円~

※初年度はメンテナンス費用が無料、2年目以降は別途5万円前後(あくまでも目安)
※保険代金、別途年間2万円前後(あくまでも目安)
※本シミュレーションの発電量結果は目安であり、実際の発電量を保証するものではない。

◆免責時間ゼロの出力制御補償への加入が可能
日当たりが良く、太陽光発電に最適な土地が豊富な宮崎県。
せっかくの立地にもかかわらず「抑制管内」というネガティブな理由で発電事業に踏み切れない事業主の不安を払拭するため、ハウスプロデュースでは「免責時間ゼロ」の出力制御補償にオプション加入する事が可能。

<免責時間とは?>
一般的な出力制御補償の場合、「制御損失の補償は一定の時間を経過してから発生」という条件がある。この一定の時間を「免責時間」といい、免責時間を経過するまで補償は発生しない。
これに対し、「免責時間のない出力制御補償」であれば、どんなに短時間の出力制御であっても、抑制が開始されたその瞬間からの損失分が補償対象になる(補償は一定金額まで)。

(*1)金利は2018年9月1日現在のもの。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る