【News】 SBI FXトレードが「オプションFX」サービス開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

SBI FXトレードは、10月1日より、新たに店頭外国為替証拠金取引におけるオプション取引サービスを開始した。

SBI FXトレードは外国為替証拠金取引「SBI FXTRADE」のサービス開始以来、すべての顧客に安心して取引参加してもらうため、公正かつ透明性のあるFX取引サービスをより良い環境にて提供することに最大限努めている。

今回、オプションサービスの第一弾として、バニラオプション※1取引(サービス名:「オプションFX」)の提供を開始する。バニラオプション取引は数あるオプションの中でも最もスタンダードな商品であり、インターバンク市場においても日々活発に取引が行われている。

このバニラオプション取引をFX取引とあわせて活用することで、多くの個人投資家の取引戦略の幅を広げることが可能なサービスであると考えている。第一弾ではオプションの買いのみの提供となるが、段階的にサービスを拡充し、個人投資家に親しみをもって取引してもらえるオプションサービスを提供していく。

※1  バニラオプション:コールオプションやプットオプションのように基本的なオプションのことを指す。

■「オプション FX」の主な3つの特徴

1. 1万米ドルからバニラオプション取引が可能
「オプションFX」ではバニラオプションを1枚(1万米ドル)から取引が可能となる。これまでオプション取引はインターバンク市場が中心だったが、オプション取引に触れる機会の少なかった投資家にも親しみやすい商品となっている。また、オプション取引単独だけではなく、FX取引と組み合わせることでヘッジ手段としても活用できることから、投資家に新たな投資機会を提供できる商品であると考えている。

2. リスクはオプション購入料に限定
オプションサービスの第1弾ではオプションの買いのみの提供となるため、最大損失金額は支払ったオプション購入料※2に限定される。また、「オプションFX」では、ポジション保有期間は最大で40日程度となる。一般的なバイナリーオプションではオプション購入後、決済までの期間が数時間程度と短期間が中心だったが、「オプションFX」は、より長期間の相場変動を収益機会に変えることが出来る点において、これまでのバイナリーオプションとは大きく異なる。

3. シンプルな取引画面
「オプションFX」の取引画面は様々な顧客に取引してもらるよう、日経225 オプションの取引画面のようなシンプルな取引画面となっている。

※2 オプション購入料: オプションの購入時に支払う対価のことを指す。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る