【News】損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」を発売

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、10月2日、業界初※1となるMCI(軽度認知障害)※2を保障する健康応援型商品「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険(払込期間中無解約返戻金限定告知骨折治療保険)」を発売した。これに合わせて松重豊さん、しゅはまはるみさんを夫婦役として起用したCMを全国でスタートした。
※1 2018年9月損保ジャパン日本興亜ひまわり生命調べ
※2 MCI(Mild Cognitive Impairmentの略):本人および第三者(家族)から認知機能低下に関する訴えがあり、認知機能は正常ではないが認知症の診断基準を満たさない状態。基本的な日常生活は保たれているが、複雑な日常生活機能の障害は軽度にとどまる。(出典: 医学書院 「認知症疾患診療ガイドライン2016」)
1.「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」について
本商品は、MCIや認知症になった場合に一時金を支払うほか、要介護1から一時金を支払うオプションを用意している。さらに、MCIや認知症の早期発見や認知機能低下を予防するための情報提供・サービス紹介等を行う認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」を利用できるほか、万が一介護が必要となった場合でも顧客を支援するSOMPOホールディングスグループの介護サービス等を提供することにより、認知症の発症および進行を遅らせるとともに、介護までを一貫してサポートする。本商品を提供することで、認知症への理解を深め、認知症との向き合い方を変え、本人の健康および介護者を含めた介護の負担が軽減される社会の実現を目指す。2.CM概要
松重豊さん演じる夫は運動前にはストレッチに1時間かけ、寝る前にはハラマキを欠かさない、そんな「なにごともなる前から手を打つ!」という夫に、妻は「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」のパンフレットを取り出す。
認知機能低下・軽度認知障害と呼ばれるMCIの早期発見、認知機能低下を予防する取組みにより、認知症の発症を遅らせる可能性があるとされている。まさに認知症に”なる前が大事”を表現したCMになっている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る