【News】SBI証券が金・プラチナ取引に銀(シルバー)追加

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 SBI証券は、2018年10月15日(月)[予定]より「金・プラチナ リアルタイム取引」に銀(シルバー)を追加する。さらに「金・プラチナ リアルタイム取引」サービス開始1周年および銀(シルバー)取扱開始を記念して、お得な2つのキャンペーンを予定している。詳細は、決定し次第SBI証券WEBサイトにて案内する。

昨年7月よりSBI証券が提供している「金・プラチナ リアルタイム取引」では、GBI(Gold Bullion International)社が提供する貴金属取引プラットフォームを利用することで、業界最低水準※1の手数料はもちろんのこと、ほぼ24時間・リアルタイムの少額投資を実現しており、サービス開始より1年で150,000口座を達成した。
貴金属地金は、株式や債券などのアセットクラスの値動きとの相関の低さや実物資産としての資産保全性などから、保有資産のリスク分散のほか、経済環境の悪化や有事に備えたリスクヘッジ手段としても、活用されている。

この度の新商品「銀(シルバー)」も、貴金属地金として古い歴史があり、産業用(ハイテク・半導体・太陽光発電需要等)用途があるため、今後の需要拡大も見込まれる。スポット取引、積立取引ともに「金額指定で1,000円」、「数量指定で10g」から取引が可能なため、気軽に投資が始められ、資産形成の一手法として、活用できるものと期待している。

SBI証券は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の資産形成を支援していく。

■銀(シルバー)商品概要※2

■ホーム画面 銀(シルバー)追加イメージ

※1 比較対象範囲は、主要ネット証券5社のうち、金・プラチナ取引を提供している楽天証券、マネックス証券との比較となる。「主要ネット証券」と は、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指す(2018年10月5日現在、SBI証券調べ)。なお、現物転換等が行われた際には別途保管料等が発生する場合がある。手数料等の詳細は各社のWEBサイトにて要確認。
※2 その他、金・プラチナ取引に関する詳細はSBI証券WEBサイトにて要確認。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る