【News】いつでも必要なときに手軽に加入できる保険サービス「LINEほけん」を提供開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
LINE Financialと、損害保険ジャパン日本興亜は、「LINE」アプリ上で損害保険に加入できる保険サービス「LINEほけん」の提供を2018年10月16日から開始した。

1.開発の背景
近年のデジタル技術の進化とスマートフォンの普及により、様々な商品やサービスをスマートフォン上で購入・利用できるようになり、今後、スマートフォンを中心としたオンラインでの保険加入はますます拡大していく可能性がある。このような状況の中、LINE Financialと損保ジャパン日本興亜は、損害保険領域における業務提携を行い、シンプルでユーザビリティの高いUI/UX*1で、ユーザーのニーズに手軽にリーチできる新たな保険サービス「LINEほけん」を共同で開発した。
*1:UI(ユーザ・インタフェース)は、フォントや画像、ボタンといったサービスの見た目やデザイン、UX(ユーザ・エクスペリエンス)とは、そのUIを実際に触るなど体験して感じる使い勝手や信頼性、心地良さといった感覚を指す。UI・UX設計とは、サービスを利用する人の使い心地を最優先に考えた設計である。

2.「LINEほけん」の特徴
(1)シンプルでスピーディな加入手続き
「LINEほけん」は、専用のアプリケーションをインストールすることなく、「LINE」アプリ上から必要と感じたときに自分の好きなタイミングで自宅でも外出中でも保険に加入することを可能とするものである。「LINEほけん」のユーザー登録が完了している場合、最短約60秒で保険加入に必要な全ての事項の入力を完了することができる。

(2)テーマ型のユニークで多彩な商品ラインナップ
旅行・スポーツ・イベント・ゴルフ・賃貸などといった生活シーンに合わせたテーマや、天気・家族構成に応じた、その時に必要な保険を選ぶことができる。1日単位から加入できる短期型の保険をメインに、お花見・夏祭りなどの季節のイベントや、台風などの悪天候の際の保険、ボランティアや野外フェスの際の保険といったユニークな商品から、自転車保険や弁護士相談費用保険などの年単位の保険まで、全59にわたる多彩な商品プランを提供する。

(3)手ごろな保険料と支払方法
100円からの手ごろな保険料のプラン*3を用意し、「LINE」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」で保険料の支払いができる。*4「LINE Pay」は、「LINE」ユーザーであれば誰でも「LINE」アプリ内から規約に同意するだけですぐに登録、利用開始することができる。
*3:期間選択型における1日あたりの保険料と1年型における月額保険料を100円から用意している。
*4:「LINE Pay」での支払いはチャージした「LINE Pay」残高もしくは「LINE Pay」内で連携したクレジットカードを利用できる。

3.利用方法
「LINE」アプリ内の「ウォレット」タブにある「LINEほけん」を選択しアクセスする。保険に加入するには「LINEほけん」と「LINE Pay」両方のユーザーの登録が必要となる。

4.今後の展開
今後、「LINEほけん」で加入できる保険商品のラインナップをさらに充実させるとともに、「LINE」ならではのコミュニケーションとInsurTech(Insurance + Technology)を融合した新たな保険サービス、購入・相談・請求がワンストップで行えるサービスの提供を行い、人と保険の距離を近づけ、ライフスタイルを豊かにするための保険サービスを目指していく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る