【News】エコスタイルが目標利回り5.0%のエコの輪ファンド26号の募集を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開しているエコスタイルは、2018年10月19日より「エコの輪太陽光発電ファンド26号」の募集を開始した。

太陽光投資を始めるには多額の資金が必要とされてきたが、1口1万円・運用期間1年のエコの輪ファンドなら、投資初心者や再エネ投資をしたことがない方でも手軽に始めることができる。また、エコの輪ファンドに出資することは太陽光発電の普及に繋がり、CO2排出量削減にも貢献できるため、地球温暖化防止に向けて多くの人が取り組める、環境にやさしい資産運用である。
エコスタイルは今後も「次世代の子供たちへ環境を守る義務と責任を遂行する」ことを使命として、エコの輪クラウドファンディングを通じた再生可能エネルギーの普及に取り組んでいく。

【エコの輪太陽光発電ファンド26号 募集概要】

名称:エコの輪太陽光発電ファンド26号匿名組合
募集期間:2018年10月19日~2018年11月16日
事業開始予定日:2018年12月1日
運用期間:1年
目標利回り:5.0%(税引前)
目標分配率:105%(税引前)

申込単位:1口1万円
優先出資:3,360万円(3360口)
劣後出資:1,440万円(1440口)
事業地:秋田県由利本荘市石脇(発電容量:59.36kW/買取単価:24円/kWh)
山口県山口市宮野下(発電容量:57.24kW/買取単価:27円/kWh)
鹿児島県南さつま市金峰町(発電容量:67.84kW/買取単価:24円/kWh)
千葉県山武郡九十九里町(発電容量:55.68kW/買取単価:24円/kWh)
_________________________
*募集期間・募集金額は変更されることがある。*目標利回りは現時点での目標利回りであり、将来の運用成果を保証するものではない。*目標利回りは事業開始日に出資し、各計算期間末日に分配を受けたものとして計算しているので、実際の出資入金日、分配金受取日を基準とした利回りではない。*劣後出資は(株)エコスタイルが出資する。*目標利回りを超える利益は劣後出資者が受け取る。*目標分配率には元本の償還部分が含まれている。

 

【太陽光投資×エコの輪クラウドファンディングの特徴

  • 利便性:エコの輪クラウドファンディングでは、WEB上で会員登録をするだけで、「ファンド情報の閲覧」から「申込書請求・発送」まで、ユーザーのマイページ上で行える。
  • 安定収益:発電した電気を電力会社が20年間一定価格で買い取ることを国が保証する「固定価格買取制度」により、太陽光発電は安定した収益が期待できる。
  • 運用はすべてお任せ:太陽光発電事業に関することはプロの運営者が行うので、顧客に手間は一切かからない。運用も全て任せられるので、投資テクニックや知識は不要。

【エコの輪ファンドの運用実績】

_________________________
*6・7・8・9号ファンドの分配額については、消費税の還付が分配時期よりも遅れたため、計画を下回っている。分配額は税引前の金額。*分配額には元本の返還部分が含まれている。*記載されている「計画比」は単年度ベースの計画比。ファンドの最終的な実績は運用期間終了後に決定される。*当該実績は過去のものであり、将来の運用成果を保証するものではない。

【優先・劣後構造による安全性​】
太陽光発電システムの評価が下落した場合、まずは劣後出資者であるエコスタイルがその下落分を負担するため、資産の安全性が高まる。この仕組みを取り入れることにより、リスクの低減を目指した太陽光発電ファンドとなっている。

_________________________
*上記は事業計画に基づいた予定の数値であり、実際の数値とは異なる場合がある。

【エコの輪太陽光発電ファンド26号の仕組み】

営業者はシステムを設置・取得し、エコスタイルへ貸し付け、賃貸料を得る。1年後、営業者はシステムを売却し、その代金と利益を合わせて分配する。
_________________________
*システムは発電量等をもとにDCF法で評価する。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る