【News】マネックス証券の「FX PLUS」がスプレッド縮小

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

マネックス証券は2018年11月1日(木)午前9時(予定)より、マネックス証券のFX(外国為替証拠金取引)サービス「FX PLUS」において、全通貨ペアのスプレッドを縮小する。

マネックス証券は2003年4月からFX(外国為替証拠金取引)のサービスを開始し、現在は「FX PLUS」、「マネックスFX」の2つのサービスを提供している。「FX PLUS」はこれまで、1回の簡単な設定で持続的・自動的に取引が行われる自動注文方式「オートレール」や、HEROZと共同開発した人工知能(AI)でFXのトレーディング技術向上をサポートする「トレードカルテFX」など、マネックス証券オリジナルのサービスを提供してきた。この度、これらのサービスはそのままに、さらに取引しやすい環境とするため、取引コストとなるスプレッドを縮小する。
各通貨ペアの縮小後のスプレッド※1(原則固定・例外あり※2)は以下の通り。

※1  記載のスプレッドは2018年11月1日9:00より提示するスプレッドで、実績ではない。
※2  スプレッドは原則固定となるが、国内外の祝日、早朝・深夜など 流動性が低下している時間帯、経済指標の発表や相場状況により、変化する場合がある。

今回のスプレッド縮小により、「FX PLUS」で取り扱う16通貨ペアの中で、12通貨ペアのスプレッドが主要オンライン証券の中で最狭水準(※3)となる。
最狭水準となるのは、USD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、NZD/JPY、CHF/JPY、CAD/JPY、HKD/JPY、SGD/JPY、EUR/USD、AUD/USD、TRY/JPY、CNH/JPYの12通貨ペア。

※3  2018年10月12日現在、マネックス証券調べ。主要オンライン証券は、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券を指します。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る