【News】SBIソーシャルレンディングが初のテレビCMオンエアを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

総合FinTechソリューション企業であるSBI FinTech Solutionsの子会社でソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング※1)サービスを提供するSBIソーシャルレンディングは、より多くの皆様にソーシャルレンディングを知っていただくために、創業以来初となるテレビCM『かけはし※2』篇、『ソシャレン※3』篇を、2018年10月27日より全国のBS放送を中心に順次オンエアを開始する。

■『かけはし』篇(15秒) コンセプト
 SBISLメガソーラーブリッジローンファンド(和歌山県岩出市)の記録写真を通じて、投資家から出資された資金により、その地域の街や人々の未来が明るく豊かになることをイラストで表現している。また、再生可能エネルギーの普及・拡大や社会全体の環境負荷低減に貢献し、現在から未来への架け橋になるという願いを「あなたの投資が、未来の“かけはし”になる。」というキャッチコピーに込めている。

■『ソシャレン』篇(15秒) コンセプト
ソーシャルレンディングを“ソシャレン”と略し、新しい金融サービスであるソーシャルレンディングが今世間で注目されていることを、部長・若手社員・取引先役員・秘書役4名による商談の一場面で表現している。視聴を通して、多くの人がソーシャルレンディングを知るきっかけとなり、またWEBサイトとの企画連動によって、SBIソーシャルレンディングのソーシャルレンディング事業に興味・関心をもってもらえることを期待し“ソシャレン”をキャッチコピーとした。

■ CMギャラリー
テレビCMは、SBIソーシャルレンディングホームページの「CMギャラリー」でも閲覧できる。
ソーシャルレンディングは、「お金を投資したい人(投資家)」と「お金を借りたい人(借手)」を、インターネットを通じて結びつける新しい金融サービスであり、FinTech分野の中でも急速な拡大を見せている金融仲介の新たな形として注目されている。SBIソーシャルレンディングは、これからも安定性の確保とともにFinTechを活用した画期的なサービスの構築や社会的意義の高い魅力あるサービスの提供に努めていく。

※1
クラウドファンディングとは、インターネットを通じて、不特定多数の組織や個人から資金を募り、資金を調達する仕組みのことである。「購入型」「寄付型」「投資型」「貸付型(融資型)」と複数種類があり、ソーシャルレンディングは「貸付型(融資型)クラウドファンディング」に分類されている。

※2
『かけはし』はSBIソーシャルレンディングの登録商標です。(登録番号:第5910800号)

※3
『ソシャレン』はSBIソーシャルレンディングが商標登録出願中です。(出願番号:商願2018-111502)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る