【News】音声認識による生命保険業務RPA「SEIMEI」がローンチ

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

SEIMEIは、この度、音声認識による生命保険業務の情報検索RPAシステム「SEIMEI」の提供を10月19日より開始した。

■SEIMEIの3つの特徴
1.ユーザーはタブレットに話しかけるだけで即時検索できる

2.これまでは不可能だった複数社情報の一括検索も可能になった

3.検索履歴のタップで過去の検索結果もダイレクトに閲覧できる

■サービス概要
保険代理店所属の生命保険営業パーソンの方を対象とした生命保険業務の音声辞書SEIMEIでは、ユーザーはタブレット端末上のアプリケーションに1フレーズ話しかけるだけで、調べたい業務情報を即時検索することができる。

従来のPDF検索や紙媒体での検索でかかっていた無駄な時間コストを最大1/100に削減し、またヒューマンエラーも解消され、複数社情報の一括検索も可能な、生命保険業務の生産性向上に寄与するシステムである。

なお、音声認識による業務情報検索システムとしては国内初のサービスローンチとなります(SEIMEI調べ)

■従来の課題
生命保険営業パーソンにとって、「※医的引受目安」は頻繁に検索する業務情報でありながら、検索ツールは紙媒体またはPDFしか存在せず、また各保険会社ごとに資料がバラバラで、検索には大きな時間コストがかかっていた。保険会社内の担当者に電話で聞くという方法もあるが、時間がかかる上に、担当者のミスによるヒューマンエラーも多発している。※「医的引受目安」とは、見込顧客の病歴に対して、保険にどの程度加入できるかを示す目安のことである。

■サービス誕生の背景
生命保険業界はその高い収益性と厳しい規制産業であることから、長らくイノベーションが起きなかった。しかし、生命保険営業職の高齢化と人材難は顕著であり、業務の自動化が時代の要請として求められている。
SEIMEIは音声認識技術を活用し、高齢のユーザーでも誰でもカンタンに操作できるようにサービス開発を進めている。
■操作方法
まず、ユーザーは所属する保険代理店が取り扱う保険会社の中から、自身が医的引受目安情報を表示させたい保険会社を選択する。この保険会社選択はいつでも変更可能。

そして、調べたい病名を話しかけるだけ。

音声だけでなく、手入力での検索にも対応している。

 

■利用料金
生命保険代理店に対しては無料提供のサービス。

■生命保険業務RPAシステム「SEIMEI」
SEIMEIは、あらゆる生命保険業務の自動化を目指すクラウド生命保険業務RPAシステムである。主に音声認識技術を活用し、業務情報の即時検索を可能とし、煩雑で時間のかかる業務情報検索から生命保険営業パーソンを解放する。

開発・運営を行うSEIMEI株式会社はサービスローンチ前でありながら、Incubate Camp 11th本戦参加企業選出、「起業の科学」著者の田所雅之氏が手がけるB-SKETアクセラレーションプログラム、ニッセイキャピタルが運営する「ニッセイキャピタルアクセラレーションプログラム」第1期採択企業など、2018年の採択倍率8倍~16倍のプログラム3つに選出されている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る