【News】クラウドファンディング「SAMURAI」が新商品の募集を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
SAMURAI証券が運営するクラウドファンディングサイト「SAMURAI」にて、以下の新商品募集を開始した。
商品名        大阪デザイナーズ民泊ファンド1号
募集期間    2018年11月1日~2018年11月21日
目標利回り 年率7%(税引前)
運用期間    2018年11月30日~2020年8月30日(約21ヵ月)
募集上限額 5,010,000円SAMURAI証券の親会社であるSAMURAI&J PARTNERSは、楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYと、2018 年6月29日「クラウドファンディングをはじめとするファイナンス支援を活用した宿泊施設の開発および供給に関する業務提携」に合意している。当商品は、本業務提携に基づく宿泊施設開発を目的としたクラウドファンディング商品第1号であり、楽天LIFULL STAYが設計・施工会社へのデザイン監修、施設の運用代行を行う物件の取得やリノベーションにかかる資金の一部を調達する。

尚、商品詳細ページには、楽天LIFULL STAY 太田代表取締役、弊社代表取締役社長 澤田のインタビュー動画を掲載している。

Rakuten STAYについて
「Rakuten STAY」は、民泊・簡易宿所の運営を希望する法人・個人を含む不動産オーナーに対し、楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して運用代行を行うサービスである。利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備、アメニティーグッズの利用や付帯サービスを受けることができる。楽天LIFULL STAYは同サービスを通じて、民泊を利用したことがない人も安心して民泊や簡易宿所を利用してもらえる環境を整えることで、宿泊・民泊市場全体の拡大を目指している。「SAMURAI」では 『SAMURAI CREATE THE FUTURE』 をスローガンに、今後も投資家の皆様へ様々な投資機会を提供するため、多彩な商品をラインナップしていく予定である。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る