【News】保険の請求漏れによる悲しみを無くす為、「株式会社IB」を設立

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
保険証券情報の管理・共有ツール「保険簿」の開発・普及を主な事業とする「株式会社IB」が、2018年10月29日(月)に設立した。
また、保険証券の写真を送るだけで、保険の加入情報がまとまった”カード”を作成することができるLINE@をリリースした。
【設立に至った背景】
2011年の東北震災後、当時大学生だった弊社代表の井藤はボランティアで宮城・岩手を訪れた。
津波で街が流された光景を目の当たりにし、「有事において、保険金の請求は難しい」「潜在的な保険の請求漏れは多い」という問題意識を持つ。
そして、大学の卒業論文にて、保険証券情報の一元管理・共有ツール「保険簿」の構想を執筆した。
同時に、「保険に対する消費者心理」「業界における各ステークホルダーの思惑」が非常に複雑であることから、マネタイズ・普及の方法において、確信できるものがなかった。

その後、保険業界での経験、社外での情報収集、また、2016年の改正保険業法や調剤報酬改定などをヒントに、マネタイズ・普及方法の着想に至る。

一方、事業の全体最適を図る上で必要なIT知識を得るため、約1年間システムエンジニアとして従事し、2018年9月末で退職。
2018年10月、株式会社IBを設立に至る。

【”保険簿”のLINE@について】
■”保険簿”に込めた想い■
「家族がどんな保険に加入しているかわからない」
「いざという時、ちゃんと保険の請求ができるか心配」
「大切な人に自分が加入している保険の情報を知らせておきたい」
大切な人と保険の加入情報を共有しておくことで、保険金の請求漏れを少しでも減らすことが出来ればと思っている。

■”保険簿”のLINE@とは■
加入している保険証券の写真を撮り、LINEで送るだけで、カンタンに保険の加入情報がまとまった”保険簿カード”を作成することができるサービスである。
作成した”保険簿カード”を家族や恋人など、大切な人と共有して保険金の請求漏れを防ぎたい。

■利用の流れ■
STEP1: 加入している保険証券の写真を撮って送信
STEP2: “保険簿カード”を作成してLINEで返送
STEP3: 送られてきた”保険簿カード”をそのまま転送し、大切な人と共有

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る