【News】One Tap BUYの『誰でもIPO』でソフトバンクのIPO取扱い開始予定

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
証券取引アプリ「One Tap BUY」を提供するOne Tap BUYは、2018年11月12日公表されたとおり、ソフトバンクのIPO(新規公開株式)を取り扱う。
ソフトバンクのIPOは、11月21日にサービス開始予定の、1株から購入申し込みができるIPO専用アプリ 『誰でもIPO』で取り扱う、最初の銘柄となる。

<新規公開株式>

上場予定日 銘柄コード 銘柄名
2018/12/19 9434 ソフトバンク株式会社

 

誰でもIPOについて
『誰でもIPO』 は、新規上場株式を単元(100株)ではなく1株から購入申し込みができる、業界初のありそうで、なかったIPO専用アプリである。今まで一部の投資家にチャンスが偏っていたIPOの購入申し込みに、少額から誰でも参加できるようにすることで、多くの方に当選の機会を作りたいとの思いでサービスを開始する。

<口座開設についてのお願い>
IPOの募集期間(ブックビルディング期間)は、通常4~5日と決まっているが、One Tap BUYでは、通常、口座開設に1~2週間時間がかかる。また、サービス開始時は、大変混雑が予想されるので、口座開設の手続きは、早めに行いたい。
なお、One Tap BUYの口座は、全てのアプリ(日本株・米国株、積み株)共通のため、『誰でもIPO』サービス開始前から口座開設の手続きができる。

リスク及び手数料相当額について
株式取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがある。
新規公開株式(IPO)は、国内外の事業会社が発行する株式で、これまで金融商品取引所に上場されていなかったものであり、上場後は、株式相場の変動や当該事業会社等の経営・財務状況、信用状況に対応して価格が変動すること等により、損失が生ずるおそれがある。新規公開株式(IPO)を購入する場合は、購入対価のみの支払いとなる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る