【News】「SBIいきいき少短のペット保険」85%の獣医師が「ペットの飼い主に勧めたい」と回答

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 SBIいきいき少額短期保険は、Zpeerが運営する獣医師コミュニティサイト「ベットピア」の会員獣医師を対象にしたWeb調査を実施し、「SBIいきいき少短のペット保険」が保険業界で初めて「ベッツアイ 獣医師評価製品」となった。

このたび実施した獣医師400名に対する「SBIいきいき少短のペット保険」の「ペットの飼い主への推奨意向」の調査では、手ごろな保険料や新規加入年齢、年間の支払回数などが評価され、回答した獣医師の85.3%から「ペットの飼い主に推奨したい」という評価を得た。 

■調査結果(※)
<質問>貴院に通院する、ペットの飼い主様から
「SBIいきいき少短のペット保険」について相談を受けた場合、先生は推奨なさいますか。

■回答獣医師のコメント一部抜粋
・回数制限がなく、値段が手ごろなのがとても魅力的に感じた。
・回数制限がないのが良い。安心して病院にかかれると思う。
・他社と比べて加入可能な年齢制限の幅が広いため、シニアの動物を飼っているオーナーにも安心できるから。
・高齢で病院にかかる機会が増える可能性が高く、一生涯補償が続くのは価値があると思ったため。
・時間外診料や海外薬も対象であること。
・ペットの区分が細かすぎないところが良い。補償と保険料の設定も簡単でわかりやすい。
■調査概要

■ベッツアイ 獣医師評価製品とは

Zpeerが運営する獣医師コミュニティサイト「ベットピア」の会員獣医師によって評価された製品である。ペットにとってより良い製品を選んでいただくため、数十から数百の獣医師による試用または詳細なレポートの閲覧によって製品評価をしている。

■「SBIいきいき少短のペット保険」について
評価いただいた「SBIいきいき少短のペット保険」は、犬・猫を対象に昨年9月に発売を開始したペット保険である。手ごろな保険料で入院、手術、通院をカバーしている。また、ペットの高齢化が進んでいる社会背景を受け、今年の7月には、新規加入年齢の上限を7歳11か月から「11歳11か月まで」に引き上げた。ペットを家族の一員として大切に思う人に好評を得ている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る