【News】「かんたん!あんしん!これ1台」QRコード決済端末[FP-1]EMV ICクレジットカード対応

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
テクノホライゾングループの中日諏訪オプト電子の社内カンパニーであるファインフィットデザインカンパニーは、この度、「かんたん!あんしん!これ1台」QRコード決済端末[FP-1]にEMV ICクレジットカード決済の対応をした。
【背景】
日本のキャッシュレス比率は現在約18%。諸外国に比べ低いキャッシュレス比率、現金管理コスト、深刻な人手不足、データ利活用、インバウンド(訪日外国人)対応といった課題を前に、政府は今春2025年までにキャッシュレス比率を40%に上げる目標を掲げた。キャッシュレス推進のため、来年10月に予定している消費増税の際、中小小売店においてキャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、デビッドカード、QRコード決済等)をした場合に、2%ポイント還元や割引といった施策やキャッシュレス端末への助成金も検討している。特に来年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック/パラリンピックに向けてさらなるインバウンド対応が見込まれ、キャッシュレス決済(クレジットカード、QRコード決済)への対応はさらに高まっていく。
一方、使い手となる店舗にとって新規顧客獲得、優良顧客育成、コスト削減は命題ながら、キャッシュレス導入にあたり端末費、決済手数料、決済サービスの多種多様化、機器操作への不安といった課題を抱えている。

そうしたなか、ファインフィットデザインカンパニーでは、[FP-1]に従来のバーコード決済、QRコード決済、NFC決済に加え、EMV ピンパッドと連携することによってEMV ICクレジットカード決済に対応した。
マルチ決済を実現することで店舗は、希望する決済種別を簡単に導入することができる。また、日本のレジオペレーションに合わせた使いやすい製品設計により、初めてキャッシュレスを導入する店舗からPOS連携やポイント連携を希望する店舗まで、幅広い方々に安心して使用できる。

QRコード決済端末[FP-1]

【かんたん!あんしん!これ1台 QRコード決済端末FP-1の特長】
1)マルチ決済(バーコード、QRコード、NFC、EMV ICクレジットカード)
2)お客様をお待たせしない高速読取の高性能スキャナ、オートカットプリンタ搭載
3)使いやすさ重視のなじみやすいボタン、視認性の高い液晶画面、大容量ロール紙(直径80㎜φ)使用。
4)3G/4G内蔵なので単独での使用も、 Bluetooth4.0(BLE対応)、USBポート×3と豊富なI/F搭載でPOSレジなどと連携も可。
5)安心の国内メーカ製

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る