【News】楽天証券のIFAに新たな報酬体系が誕生

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年2月(予定)より、独立系ファイナンシャルアドバイザー向けに、預かり資産に連動して報酬が増減する「管理口座コース」の提供を開始することとなった。
「管理口座コース」では、楽天証券がIFAの顧客から取引の都度徴収していた売買手数料を従来よりも安く、または0円とする代わりに、預かり資産残高に一定の率を乗じた額を管理口座料として徴収し、当該管理口座料からIFAへの報酬が支払われる。なお、本コースでは、売買手数料はIFAの報酬計算対象とならず、実質的にお客様の預かり資産残高に連動してIFAの報酬が増減する国内初※の仕組みとなる。本仕組みを導入することにより、顧客の資産残高が増えればIFAが受取る報酬が増え、減少すれば報酬も減るという関係が構築される。

欧米諸国では、お金の相談役としてファイナンシャルアドバイザーが定着していますが、コミッション型(売買手数料)からフィー型(預り資産に応じた報酬体系)へ転換するアドバイザーが増え、顧客からの信頼を獲得できたことが大きな要因としてあげられている。今回、日本におけるフィー型のビジネスモデルへの転換を後押しし、IFAの一層の顧客基盤の拡大を進めるべく、「管理口座コース」を新設するに至った。

楽天証券は、IFA向けの事業基盤拡大を目指すと同時に、アドバイザーのスキルアップや教育にも力を入れており、2018年7月に業界初となる専門性の高いアドバイザーを養成するための「楽天証券ファイナンシャルアドバイザー・ビジネススクール」を開講した。今後も楽天証券では、顧客の資産形成を長期的かつ包括的にサポートできる質の高いアドバイザリーサービスを提供できるよう、継続的に新しい取り組みを行っていく。

※一般のお客様及びIFAに提供する報酬計算体系として国内初(楽天証券調べ)

■「管理口座コース」詳細
・開始時期:2019年2月(予定)
・利用対象:IFAサービスを利用の人
・利用条件:既存のIFA専用の手数料コースと、管理口座コースと希望に応じて選択できる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る