【News】SBI証券が「第22回企業電話応対コンテスト」 で「理事長賞」を受賞

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
SBI証券は、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会が主催する「第22回企業電話応対コンテスト」において、「理事長賞」を受賞した。

企業電話応対コンテストは、企業の日頃の電話応対を顧客の立場で専門家が評価するコンテストで、電話応対能力の把握と向上を目的として、毎年開催されている。同コンテストでは、事前にエントリーされた事業所に専門スタッフが「仮のお客さま」として予告なしに電話をかけ、録音内容を5人の専門家が客観的に数値化(業種別に100点満点)して評価する。参加事業所は、「商業・金融」、「工業・公益」、「サービス」及び「コールセンター等電話応対専門」の4つの部門で審査を受け、全部門の中から最も優秀な成績を収めた1社に「会長賞」が、それに次ぐ成績を収めた3社に「理事長賞」が、さらに16社に「優秀賞」が贈られる。

このたびの「第22回企業電話応対コンテスト」において、SBI証券は合計452の参加事業所の中で会長賞に次ぐ「理事長賞」を受賞した。なお、同コンテストにおけるSBI証券の入賞は第15回から8年連続となる。さらに今回の理事長賞受賞により、3年以上連続して優秀賞以上を受賞した企業である「シルバーランク企業」として引き続き認定されることとなった。

SBI証券は、「問合せ窓口格付け」および「Webサポート格付け」※1において国内最高評価となる「三つ星」を獲得するなど、このたびの「理事長賞」受賞以外にも、第三者機関の表彰制度で高い評価を受けている。

SBI証券は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、より一層のサービス向上と改善に努め、個人投資家の投資活動を支援していく。

※1 「問合せ窓口格付け」および「Webサポート格付け」は、各業界の大手企業を中心に自薦・他薦で選ばれた対象企業の問合せ窓口およびWebサイトのサポート性を、HDIの国際基準に基づいて設定された10項目の評価基準に沿って審査員が評価した結果、三つ星~星なしの4段階の格付けが決定される。SBI証券はこれまでに「問合せ窓口格付け」における三つ星を8度、「Webサポート格付け」における三つ星を7度獲得している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る