【News】アプラスがLINE Pay利用加盟店開拓業務とLINE Pay請求書支払いの開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
新生銀行のグループ会社であるアプラスは、LINE Payと業務提携し、平成30年12月7日(金)より、LINE Pay利用加盟店の開拓業務と「LINE Pay請求書支払い」を開始する。
新生銀行グループでは第三次中期経営計画において、決済(ペイメント)分野を戦略的取組分野と位置付け、アプラスを事業主体として取組みを強化しており、これまで中国人向けモバイル決済サービス「Alipay」、「WeChat Pay」の国内利用店舗網を拡大してきた。

今般のLINE Pay利用加盟店のアクワイヤリング業務の開始は、これまで取り組んできた訪日中国人を中心としたインバウンド対策に加え、アプラスとして初めて、国内向けモバイル決済サービスの加盟店開拓を開始するものである。今後は、アプラスが取り扱う国内向け決済サービスの種類を増やすことでアクワイヤリング業務の取組みを強化し、円滑にかつ同時に、加盟店が複数決済サービスを導入できるよう支援することで、キャッシュレス決済の拡大につなげていく。

また、今般の業務提携では、アプラスの既存の商品であるコンビニエンスストアでのバーコード決済業務において、LINE Pay社が提供する「LINE」アプリで振込取扱票のバーコードを読み取って支払える「LINE Pay 請求書支払い」サービスを導入する。通信販売などで買い物をした際、これまでコンビニエンスストアでの支払いのために持参していた「振込取扱票」の1段バーコードを、スマートフォンで読み取ることで、店頭に足を運ばず、現金を用意することなく、その場での支払いが完了するため、既存のコンビニ収納代行の利便性が格段に向上する。また「LINE Pay 請求書支払い」はLINEポイントでの支払いやポイントの還元もあるため、さらなるメリットがあるものと考えている。

アプラスでは、既存の口座振替による決済やコンビニエンスストアでのバーコード決済などに加え、リアル店舗向けにスマートフォンで表示される二次元コードやバーコードを読み取ることで簡単に決済が完了するモバイル決済サービスの利用店舗網の拡大に取り組むことにより、政府が掲げるキャッシュレス決済の普及とお客さまの利便性の向上に努めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る