【News】マネックス証券が株価フル板情報ツール「BRiSK for マネックス証券」を導入

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 マネックス証券は、アルゲンタム・コードが提供する株価フル板情報ツール「BRiSK for マネックス証券」を2019年1月15日(火)(予定)に導入することを決定した。

本ツールでは、アルゲンタム・コードの独自技術により、arrownet直結サーバーでフル板情報を遅延なく圧縮しており、これまでにないスピーディな情報の更新が可能。個人投資家のトレーディング環境を変えうる非常に優位性の高いサービスとして、数多くの銘柄のリアルタイム株価情報を速く同時にモニタリングしたいというニーズに応えられるものと考え、導入を決定した。(※1)

 (1) フル板情報の複数同時閲覧を実現
東京証券取引所の全上場銘柄の売り方・買い方の気配情報を遅延なく圧縮し、リアルタイムで届けることによって、制限値幅までのフル板情報の高速での同時閲覧を可能としている。

(2)これまでにないスピードでの更新を実現
arrownet直結サーバーにおける高度なデータ圧縮技術を採用し、東京証券取引所の全上場銘柄のフル板情報をリアルタイムで更新する他、売買件数や売買累計をはじめ、出来高、寄り・引け注文の値段や数量など多岐にわたる情報もスピーディに更新される。また、ストップ高安への接近や大口注文などの即時通知機能が情報収集をサポートする。

(3) ブラウザベースでスピーディな操作性を実現
シンプルに設計されたユーザー・インターフェースは、最新のテクノロジーを用いることで、ブラウザベースのアプリケーションでありながらスピーディな操作性を実現した。これまでストレスとなっていた表示銘柄変更時のタイムラグの軽減を実感できる。

「BRiSK for マネックス証券」提供イメージ(予定)

■アルゲンタム・コードについて
アルゲンタム・コードは、内国法人として唯一(※2)の高速取引行為者であるダルマ・キャピタルのメンバーによって設立された会社で、HSTとして培ったテクノロジーやノウハウにより、独自性の高い金融市場情報サービスの提供を行うフィンテックベンチャーである。

※1 本ツールのご提供は一部に限定させていただく予定。
※2 2018年12月10日現在、マネックス証券調べ。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る