【News】松井証券が新ロボアドバイザーの提供を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
松井証券は、12月22日(予定)より、投資信託の購入をサポートする新たなロボアドバイザーの提供を開始するとともに、証券会社として初めて「QUICKファンドスコア」に基づいて、投信選びをサポートする。

 

松井証券は現在、ロボアドバイザーを活用した独自のポートフォリオ提案サービスを提供し、投信による長期的な資産運用を目指す顧客をサポートしている。また、個別に投信を購入したいというニーズに対応するため、これまで毎月30銘柄程度、取扱い投信を拡充してきた。

今後は銘柄追加のペースを速め、毎月50銘柄程度、取扱い投信を拡充する予定だが、数多くの投信の中から自身のニーズに合った銘柄を探すことは手間がかかる。そこで、投信選びをサポートするため、新たなロボアドバイザーとして「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」の提供を開始する。「投信提案ロボ」では、運用目的や運用方針に応じてQUICKファンドスコアの高い投信をおすすめし、「投信見直しロボ」では、保有している銘柄を指定すると、投資対象で分類した同一カテゴリーからQUICKファンドスコアの高い投信や信託報酬の低い投信を紹介する。

この度導入する「QUICKファンドスコア」は、QUICK資産運用研究所が開発した投信の評価指標で、「長期投資にふさわしいかどうか」を10段階のスコアで評価する。松井証券は、当該スコアを基に投信選びをサポートすることが、顧客本位の業務運営を実現するための「お客様にふさわしいサービスの提供」につながるものと考えている。

【画面イメージ】
◆「投信見直しロボ」銘柄紹介画面

 

<QUICKファンドスコアの概要>
5つの評価項目で長期投資に向く投信かどうかを多角的に評価
投信を投資対象の資産別に15のグループに分け、その分類の中で5項目による相対評価を行い、1~10の総合スコアを決定
・QUICK投信分類(15グループ)

・5つの評価項目

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る