【News】FWD富士生命が先進医療給付金の直接支払いサービスの提供を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

FWD富士生命は、12月20日より先進医療給付金の直接支払いサービスの提供を開始する。本サービスは、先進医療の中でも特に技術料が高額となることがある「陽子線治療」および「重粒子線治療」において、先進医療給付金をFWD富士生命より医療機関へ直接支払う。本サービスにより、高額な技術料にかかる一時的な経済的負担が軽減され、安心して治療を受けられるようになる。

本サービスの内容
下記の特約に加入の顧客が本サービスを利用できる。

先進医療特約(2013)、先進医療特約(2015)、
がん先進医療特約(2014)、がん先進医療特約(2017)

本サービスの対象となる医療機関において、「陽子線治療」または「重粒子線治療」を受けた場合、先進医療による療養に係る技術料と同額を支払う「先進医療給付金」または、「がん先進医療給付金」を医療機関に直接支払う。

※先進医療給付金、がん先進医療給付金の10%相当額をお支払いする「先進医療一時金」、「がん先進医療一時金」については、通常通り、顧客に支払う。
※利用にあたっては、一定の条件がある。当サービスの利用を希望する場合は、医療機関等で治療を受けられる前(照射開始日の20日前まで)に要照会。

ご照会先 0120-211-901
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
・契約に関する照会の際には証券番号を確認のうえ、本人より電話すること。
・FWD富士生命では問い合わせ内容の確認とサービス向上のために通話を録音している。
・顧客との通話により個人情報を入手した場合は、「個人情報保護方針」に則り、慎重に取り扱う。

 

【本サービスの対象となる医療機関(2018年12月20日現在)】

医療機関名 所在地 治療方法
札幌禎心会病院 陽子線治療センター 北海道 陽子線治療
南東北がん陽子線治療センター 福島県 陽子線治療
国立がん研究センター東病院 千葉県 陽子線治療
放射線医学総合研究所病院 千葉県 重粒子線治療
兵庫県立粒子線医療センター 兵庫県 重粒子線治療・陽子線治療
岡山大学・津山中央病院共同運用
がん陽子線治療センター
岡山県 陽子線治療
メディポリス国際陽子線治療センター 鹿児島県 陽子線治療

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る