【News】dポイントによる投資体験サービス「ポイント投資」が2018年日経優秀製品・サービス賞を受賞

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
NTTドコモとお金のデザインは、2019年1月4日(金)に、投資体験サービス「ポイント投資」で、2018年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞を受賞した。

日経優秀製品・サービス賞は、日本経済新聞が、毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、1982年に「日経・年間優秀製品賞」としてはじまり、今年で37回目を迎える。ノミネートは公募によらず、日本経済新聞社が、1.技術開発性、2.価格対効果性、3.業績寄与度、4.成長性、5.独自性、6.産業・社会へのインパクトの6項目において、総合的に評価するものである。

ポイント投資は、2018年5月16日(水)の提供開始以来、約半年で35万人以上の人に利用されている。

■「ポイント投資」とは

ポイント投資は、ドコモが提供する、dポイントを利用して投資体験ができるサービスである。証券口座の開設が不要で、dポイントクラブ会員の方なら誰でも利用できる。dポイントクラブのアプリまたはWEBからポイント投資サービスサイトにアクセスし、運用するポイント数と運用コースを選択するだけで、即日開始可能。投資中のポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出すことができ、dポイントとして 利用できる。投資中のポイントは、お金のデザインが設定・運用する投資信託の基準価額に連動して増減する。

■ポイント投資開始後のユーザーの動向

ドコモが2018年10月に実施したアンケートによると、ポイント投資を開始した42%の人が「投資を開始したくなった」と答えている。また「開始したくなった」と答えた理由の66%は「ポイント投資を始めて、投資を身近に感じるようになった」で、ポイント投資で投資体験を行ったあと、実際の投資に対する感情に変化が見られた。このことから、ポイント投資が投資の裾野を広げる一助になっていると言える。

 

■「THEO+ [テオプラス] docomo」について

「THEO+[テオプラス]docomo」は、スマホで1万円からはじめるおまかせ資産運用サービスである。運用期間中、お預かり資産額に応じてdポイントもたまる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る