【News】リエールファクトリーがキャッシュレスに関するアンケートを実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
リエールファクトリーは、2018年12月にインターネットユーザーを対象に独自調査を行った。リエールファクトリーは、個人に合った最適な決済を提案する「AI-Credit」を開発している。

■調査結果
1.普段の支払いで利用されるのは「現金」と「クレジットカード」。クレジットカード利用者は87%。
「普段の支払いで利用したことのあるサービス・支払い方法を教えてください」の質問に対し、最も高い数値を集めたのは「現金」の292人。97%の人が現金を少なからず利用している。次いで「クレジットカード」が261人と87%の人は普段からカード決済を利用している結果となった。次に交通系ICカードが138人という結果になった。

コード決済は最多が楽天ペイの25人、PayPayが15人、LINE Payが12人となった。全体の10%程度の人が普段から利用している。

2.最も利用している支払い方法は「現金」の64%
上記支払い方法のうち、最も利用されている支払い方法は「現金」の64%。クレジットカードが次いで30%となった。

3.全体の5%はコード決済の利用開始時期が2018年11月以降
コード決済・QRコード決済の利用開始時期は「2018年11月以降/12月から」と答えた人が全体の5%を占めた。
サービス事業者によるプロモーション効果が出ていると想定される。

4.キャンペーンによる利用開始したコード決済は「PayPay」
2018年12月に行われたPayPayのキャンペーンはLINE Pay・楽天ペイ・Origami Payの中で最も利用されたサービスとなった。

5.コード決済に対する印象は「不正利用が怖い」が32%、「使えるお店がわからない」が23%
コード決済に対する印象は「不正利用が怖い」が92人の回答となり、最も多い回答となった。「使えるお店がわからない」も2番目に多い回答となり、コード決済を利用できる店舗がまだ少ないことが伺える。PayPayの20%還元キャンペーンの影響もあり、「還元率が高い」という印象も13%の人に与えていた。

■総評
コード決済サービスのポイント還元キャンペーンによって「現金」以外の決済方法の利用頻度は上がってきていることがわかった。
コード決済は「不正利用」に対する課題や、「決済可能な店舗の拡大」といった課題はあるが、課題を解決した時に普及率は更に上昇すると予想される。
また、コード決済端末の統一は課題として提起されているが、その後はポイントの統一が課題として浮き上がってくると想定される。

AI-Creditでは、どのような決済があなたに適しているのかを提案する。

■調査期間・調査テーマ:
2018年12月21日~2018年12月25日「【キャッシュレスに関するアンケート】よく使う支払い方法は何ですか?」

■対象者・サンプル数:
ランサーズを利用したアンケート調査300人
男性153人、女性147人
10代1人、20代38人、30代105人、40代96人、50代46人、60代以上14人

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る