【News】貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」が口座開設受付開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

クラウドポートは、2019年1月8日より、”貸付投資”を通じて事業資金を借りたい企業と個人をつなぐ国内初、貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」の口座開設の受付を開始する。
「Funds(ファンズ)」は、クラウドポートの定める選定基準をクリアした上場企業などが、自社グループの事業に必要な資金を調達する目的で貸付ファンドを組成し、それに対して個人が少額(1円〜)から出資し分配金を得ることができるサービスである。個人が出資した資金は、ファンド組成企業を通じて、当該ファンド組成企業の関係会社に貸し付けられる。投資家が負う主なリスクは、①ファンド組成企業の信用力と②借り手である関係会社から返済が正常に行われるかという点にあり、その商品性やリスクは個人向け社債にも類似したものとなっている。※3

ファンドの利回りは年率1.5~6%(予定/税引前)と、高リスク過ぎず、低利回り過ぎない「ミドルリスク・ミドルリターン」のものが中心。見やすく洗練されたデザインになっており、まるでネットショッピングをしているかのような感覚で多様な貸付ファンドへ投資を行うことができる。

2019年1月23日の募集開始時には、アイフル(東証一部上場)、デュアルタップ(東証二部上場)といった上場企業や、LENDYなど注目のFinTechスタートアップが参加し、貸付ファンドの組成を行う予定。また、クラウドポートは、フィル・カンパニー(東証マザーズ上場)に対し同社の投資型クラウドファンディング参入に向けた助言を行っており、今後、協業も視野に入れた協議を進めていく。

トップページ|Fundsトップページ|Funds

 

マイページ|Fundsマイページ|Funds

 

”貸付ファンド”への投資は、相場によって価格が上下する”株式投資”などに比べ、値動きがなく安定的な運用が見込めるため、忙しいビジネスパーソン、主婦にも取り組みやすい資産運用方法と言える。その一方で、これまで一般の個人が上場企業グループへの貸付を行うことができる金融商品は国内にほとんどなく、身近な選択肢とは言えない状況にあった。商品性が類似するものとして、個人向け社債などがあるが、銘柄数は少なくインターネットだけで売買が完結できるものは限定的である。

※1. 単一のマーケットプレイスに対し自社の関係会社ではない複数のファンド組成企業が参加するサービスは日本初。当社調べ。
※2. 50音順。
※3.リスクの詳細は、ファンドごとの重要事項説明書を必ずご確認ください。Fundsで募集取扱を行うファンドは、匿名組合契約に基づくファンドであり、流通市場がない、格付機関による格付けがないなどの点で社債とは異なります。

【「Funds(ファンズ)」の特徴】
・ひとつの口座でファンド組成企業やテーマ別に簡単分散投資が可能
・ファンドの利回りは年率1.5~6%(予定/税引前)と「ミドルリスク・ミドルリターン」のものが中心
・1円単位での投資が可能
・クラウドポートの定める選定基準をクリアした企業のみが参加

<ファンド運営企業の選定基準>
・上場企業
・監査法人と監査契約を締結している企業
・ベンチャーキャピタルからの出資を受けているベンチャー企業
上記に加えて、財務状況、資金調達力など総合的な観点から審査を行う。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る