【News】三井ダイレクト損保Webサイトのスマートフォンからの操作性が格段に向上

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
三井ダイレクト損保は、Webサイトからの事故受付画面や事故に遭った際のお客さま専用画面、および契約の変更手続き画面について、2019年1月2日からレスポンシブWebデザインを採用し、スマートフォンからの操作性を格段に向上させた。
サービス強化のポイント

1.スマホから操作しやすいWeb画面
スマホ、タブレット端末等、利用されるデバイスごとに、Web画面が見やすく、操作しやすいレイアウトに最適化される。選択ボタンのサイズやデザインの見直しを実施し、シンプルな操作でストレスなく、利用できるように改善した。

2.誰にでも見やすく操作しやすいWeb画面
高齢者等、多くの方にとって見やすく操作しやすいWeb画面を実現するため、「WCAG 2.0(※)」をベースに独自のガイドラインを作成し、文字サイズの変更、ナビゲーションやサイト構成の見直しを行いった。

※Web技術の標準化団体「W3C(World Wide Web Consortium)」が発行するガイドライン「WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)」。2008年に改訂(WCAG 2.0)。

【Myホームページ・事故対応についてのご案内】 

事故連絡の受付は365日24時間電話で受け付けているが、Myホームページからインターネットによる事故の連絡をすることもできる。
Myホームページでは、スマホで閲覧した場合、これまで文字が小さく表示されたが、文字サイズを大きくし入力欄を大きくしたことで、より見えやすく、使いやすくなった。

【安心メッセージボード】

お客さま専用の連絡ツール「安心メッセージボード」では、顧客と専任スタッフ間の質問、相談の双方向のやりとりができる。また、その履歴が一覧形式で確認・共有できる。
今回の対応で、スマホで閲覧した場合、文字サイズを大きくしメッセージを入力する為のボタンを大きくすることで、見やすさ・使いやすさを向上させた。

【Myホームページ・変更手続き画面】
変更手続き画面では、車・バイクの入れ替え手続き、補償内容の変更手続き、登録番号の変更手続きができる。
今回の対応では、文字・ボタンのサイズやレイアウト・デザインの見直し、イラストの追加を実施し、見やすさ・使いやすさを向上させた。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る