【News】かんぽ生命が「ビジネスパーソンのLCC利用実態調査」を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
かんぽ生命は、かんぽくんJETの就航を記念し、全国の20代~40代の男女500名を対象に「ビジネスパーソンのLCC利用実態調査」を実施しました。
本調査では、ビジネスパーソンが公私ともに最もよく利用している交通手段は「飛行機」であることが明らかになった。さらに、旅行の際に極力割きたくない予算は「交通費」が1位となり、また8割以上の人が「LCC飛行機に満足している」という結果から、多くの人が交通費を節約し、賢く旅行プランを立てていることが分かった。さらに9割以上の人が「恋人との旅行でLCCを利用するのはアリ」と回答するなど、様々な場面でLCC利用者が増えていることが予測できる結果となった。
また、出張先で行って良かったと思う都道府県についてアンケートをとると、1位には「北海道」がランクインし、次いで2位は「東京都」、3位は「福岡県」と、大都市が上位に並んだ。

調査結果トピックス
1.仕事とプライベートともによく利用する交通手段 1位は「飛行機」
・出張でよく利用する交通手段
1位:飛行機(67.0%) 2位:新幹線(64.6%) 3位:電車(40.4%)
・旅行でよく利用する交通手段
1位:飛行機(70.0%) 2位:新幹線(58.6%) 3位:自動車(38.6%)
2.旅行で極力割きたくない予算 1位は「交通費」(48.0%)
一方で、積極的に割きたい予算 1位は「食費」(44.2%)
3.8割以上の人が「LCC飛行機に満足している」と回答
4.「恋人との旅行でLCCを利用するのはアリ」と回答した人は9割以上
5.出張で行って良かったと思う都道府県ランキング
1位:北海道(44.2%) 2位:東京都(31.2%) 3位:福岡県(22.8%)
6.キャビンアテンダントとして接客してほしいタレントランキング
1位:石原さとみ(41.2%) 2位:新垣結衣(31.2%) 3位:有村架純(23.4%)

  • ビジネスパーソンのLCC利用実態調査結果

1.仕事とプライベートともによく利用する交通手段 1位は「飛行機」

まず、出張や旅行の際によく利用する交通手段について調査した。その結果、仕事でもプライベートでも「飛行機」を利用する人が最も多い結果となった。続く2位も、どちらも「新幹線」という結果に。
仕事については、約9割の人が「取引先とは直接会って話すべきだ」と回答しており、遠方の企業を訪れるため、飛行機や新幹線を使って長距離の移動をするビジネスマンが多いのかもしれない。また、旅行については、飛行機は「楽しい気分になれる」(34歳・男性)、新幹線は「車窓を楽しみたい」(44歳・女性)など、移動時間そのものを楽しみたいという意見が多く見られた。ちなみに、4割以上の人が、飛行機の機体にキャラクターなどの絵が塗装されている「ラッピング飛行機」に乗った経験があると回答している。機体のデザインが可愛いと乗る前から気分が上がり、移動時間も楽しくなりそう。
一方で3位については、出張では「電車」(40.4%)、旅行では「自動車」(38.6%)と異なる結果に。出張の際にかかる交通費は会社の経費から出る場合が多いですが、旅行ではポケットマネーから出すため、なるべく節約したいという意向が強いのだろうか。

2.旅行で極力割きたくない予算 1位は「交通費」(48.0%)
次に、「旅行で極力割きたくない予算」についてのアンケート結果を見てみると、予測通り、1位は「交通費(48.0%)となった。
一方で「旅行で積極的に割きたい予算」については、「極力割きたくない予算」では2位だった「食費」(44.2%)が1位にランクインするという興味深い結果に。続く2位は「お土産」(31.8%)、3位は「観光費」(31.4%)となった。旅先のグルメを目的に旅行する人もいれば、観光スポットやお土産をメインに楽しむ人もいるということかもしれない。

3.8割以上の人は「LCC飛行機に満足している」と回答
交通費を節約するための工夫としては、LCCを利用するという手段がある。LCCに対する満足度について調査してみると、8割以上の人が「満足している」と回答した。その理由としては、「とても安く、かつ安全に旅行できたから」(42歳・女性)、「値段も安く、(他の航空会社と)時間も同じくらいだったから」(27歳・女性)など、コストパフォーマンスの良さに満足する声が数多く見られた。「飛行機」を利用する人が多い中、交通費を節約できるというメリットからLCC利用者も増えていることが予測できる。

4.「恋人との旅行でLCCを利用するのはアリ」と回答した人は9割以上

LCCは、プライベートの旅行で交通費を節約したい時に有効であることが分かったが、恋人との旅行で利用することについて、人々はどのように感じているのだろうか。特別な思い出を残したいカップルの旅行では、LCCを利用することに対して消極的な意見も見られるのではないかと予測したが、意外にも9割以上もの人が「恋人との旅行にLCCを利用するのはアリ」と回答。やはり、「安価なのにサービスが良い」というコストパフォーマンスの良さが評価されているのかもしれない。また、先ほどの「旅行で積極的に割きたい予算」に関する結果を踏まえると、交通費を賢く節約して、旅行の目的であるグルメや観光地巡りに予算を回したいと考える人が多いことなどもイメージできる。

5.出張で行って良かったと思う都道府県ランキング発表

次に、「出張で行って良かったと思う都道府県」について調査したところ、1位「北海道」(44.2%)、2位「東京都」(31.2%)、3位「福岡県」(22.8%)と、大都市が並ぶ結果となった。
北海道については、「食べ物が美味しい」(39歳・男性)、「海の幸が豊富」(45歳・男性)など、食に対する好感度が高いことがうかがえた。また、東京都については、「出張のついでに観光できる」(33歳・女性)、「遊べる場所が多い」(34歳・男性)など、観光スポットの豊富さに対するプラスの感想が多く見られた。3位の福岡県については、「屋台が美味しい」(22歳・女性)、「休日観光する場所があった」(49歳・男性)など、グルメと観光をバランスよく楽しんでいた人が多い印象だった。

6.キャビンアテンダントとして接客してほしいタレントランキング発表

最後に、キャビンアテンダントとして接客して欲しいタレントについて、アンケートを実施した。その結果、1位は「石原さとみ」(41.2%)、2位は「新垣結衣」(31.2%)、3位は「有村架純」(23.4%)と、テレビドラマなどで活躍する旬の女優が並びました。どの方も、しっかり者で清潔感のあるイメージが共通しているように思われる。乗客の旅を安全にサポートするキャビンアテンダントには、存在の華やかさだけでなく、頼りがいが求められるのかもしれない。

今回の調査では、出張や旅行の際の移動手段として多くの人が「飛行機」を利用していることや、その中でLCCが積極的に利用されていること、また旅行での予算の使い道などが明らかになった。仕事でもプライベートでも、その時の予算や目的に応じて賢くプランを立てたい。

【調査概要】
調査期間:2018年12月7日(金)~2018年12月9日(日)
対象:全国の、20代~40代の男女計500名
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る